魔導具(まどうぐ)

魔導具とは、以下の意味で使われる語。

  1. クロスギアのこと。転生編フレーバーテキストでは一貫してこの名で呼ばれる。
  2. DMRP-04魔で登場した種族クロスギアとは関係ない

本項では2.について説明する。


魔導具(まどうぐ)種族(しゅぞく)

月刊コロコロコミック2018年2月号付録で先行登場し、DMRP-04魔から本格登場した種族
特殊種族であり、いずれもマフィ・ギャングを併せ持つ。

DMRP-07からは魔導具をサブタイプに持つ呪文も登場した。

「相手の妨害をする」または「場と墓地に魔導具を揃える」の大きく分けて2種類の能力に分別される。

クリーチャーは「堕魔(ダーマ) ◯◯〜」、呪文は「堕呪(ダスペル) 〜 ◯◯」が命名ルールとなっている。
◯◯に入る文字は召喚コストで共通したワードで、〜には道具や物品をもじった名前が入る。呪文の場合は船(海賊)に関連した道具・物品になる。

+  命名ルールの詳細
堕魔 ドゥザイコ P 闇文明 (2)
クリーチャー:マフィ・ギャング/魔導具 2000
4枚より多くデッキに入れることができる

卍堕呪 ゾグジグス SR 水文明 (6)
呪文:魔導具
自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、カードを1枚引いてもよい。その後、そのクリーチャーに含まれるカード1枚につき、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
このターン、自分の手札の枚数以下のコストを持つ呪文を、相手は唱えられない。

最大の特徴は、無月の門および無月の門・絶の種であること。バトルゾーン墓地に数を揃え、フィニッシャーとなるドルスザクコスト踏み倒しで呼び出すのがこの種族の基本戦略となる。

呪文の魔導具は特性上、プレイすれば確実に1枚の魔導具が落ちる点で優秀だが、無月の門魔導具をバトルゾーンに出すことでトリガーするので、魔導具の呪文を唱えても無月の門は開けない。
そのため、無月の門では呪文のみの魔法陣は作れない。
ただし、魔導具が墓地に6枚あればターンの終わりに発動する無月の門・絶なら、呪文のみの魔法陣を作れる。
後に、魔導具呪文唱えることをトリガーとする虚無月の門も登場。あちらも同様に呪文のみの魔法陣を作れる。

  • よく間違われるが、魔具ではなく魔具である。

背景ストーリーにおける設定と活躍

  • クリーチャーの死体を使って作られている。文明の手により、黒い流星として各文明に送り込まれているようだ。

魔導具の一覧

コストカード名カードタイプモチーフとなった物
1 (ザン)《堕魔 ザンバリー》クリーチャー注射針
2 (ドゥ)《堕魔 ドゥザイコ》クリーチャーサイコロ
《堕魔 ドゥグラス》クリーチャーグラス
《堕魔 ドゥポイズ》クリーチャー毒薬(ポイズン)
《堕魔 ドゥシーザ》クリーチャーハサミ(シザーズ)
《堕魔 ドゥンブレ》クリーチャー傘(アンブレラ)
《堕魔 ドゥスン》クリーチャー分銅+ドスン(擬音語)
《堕魔 ドゥリケン》クリーチャー手裏剣
《堕魔 ドゥジード》クリーチャー座席(シート)
《堕魔 ドゥリンリ》クリーチャー黒電話(着信時のベル音「リンリン」)
《堕呪 ウキドゥ》呪文浮き輪
《堕呪 バレッドゥ》呪文樽(バレル)
《堕呪 ギャプドゥ》呪文帽子(キャップ)
3 (グリ)《堕魔 グリギャン》クリーチャー蝋燭立て(キャンドル)
《堕魔 グリペイジ》クリーチャー本(ページ)
《堕魔 グリディナ》クリーチャーナイフ・フォーク(ディナーセット)
《堕魔 グリール》NEOクリーチャードリル
《堕魔 グリナイブ》クリーチャーカッターナイフ
《堕魔 グリゲドル》クリーチャーやかん(ケトル)
《堕呪 カージグリ》呪文
4 (ヴォ)《堕魔 ヴォガイガ》クリーチャー絵画
《堕魔 ヴォーミラ》クリーチャー鏡(ミラー)
《堕魔 ヴォシンバ》クリーチャーシンバル
《堕魔 ヴォビンゴ》クリーチャービンゴ(ビンゴカード)
《堕魔 ヴォジャワ》クリーチャーシャワー
《堕呪 ザフィヴォ》呪文サーフボード(サーフィン)
5 (ヴァイ)《堕魔 ヴァイシング》クリーチャー寝具
《堕魔 ヴァイプシュ》クリーチャー空き缶(缶を開けるときの擬音「プシュ」)
《堕呪 ンカヴァイ》呪文錨(アンカー)
6 (ジグス)《堕魔 ジグス★ガルビ》クリーチャーランタンとカルビ牛(ムーゲッツの命名ルールより黄道十二宮の金牛宮から)
《卍堕呪 ゾグジグス》呪文海賊船(海賊)

魔導具に関連する効果を持つカード

魔導具のNEOクリーチャー

参考


Last-modified: 2018-12-10 (月) 16:51:42