()まる

カードがシールド封印としてゾーンに置かれる事故のこと。
また、そのような状態を「埋まっている」という。

デュエル・マスターズでは、ゲーム開始時に5枚のシールドデッキからランダムで選ばれる。
禁断系のカードを使う場合は、指定された枚数の封印が同様にランダムに選ばれて置かれる。
こうして置かれたカードいくらドローサーチをしても手札に回ってこないため、そのゲーム中に使用できる機会は大幅に減ってしまう。

コントロールコンボデッキのようにキーカードが定められたデッキでは、キーカードが埋まると勝ち筋を失ってしまう場合もある。

プレイングではどうにもできない問題のため、デッキビルディングの段階で対策をしておきたい。
もっともオーソドックスな対策としては、使いたいカードを複数枚デッキに投入する手がある。
シールドに埋まったカード《福腹人形コダマンマ》《音感の精霊龍 エメラルーダ》のようなシールド回収封印に埋まったカード《龍脈術 水霊の計》のようなカード指定除去でそれぞれ回収できるため、それらのカードを搭載するのも手。
また封印に関しては、墓地送りならコマンドを出すだけでも能動的にできるため、サルベージリアニメイトなどの墓地利用と組み合わせる方法もある。

  • 殿堂入りは多数投入ができないため、どうしても使いたい場合は回収カードとの組み合わせがほぼ必須となる。
  • 別名「盾落ち」、「封印落ち」。盾落ちしたカードを回収する目的で投入されるカードは「盾落ちケア」とも。
  • テクニックとして、サーチ山札を見た時、デッキ構成を思い出して山札にあるカードと照らし合わせて見ると、何がシールドに埋まっているかをすべて把握できる、というものがある。チェイン・コンボなどではこれでシールド回収をするタイミングを決めることもあるため、覚えておきたい。
    • マナーとして、時間をかけすぎて相手を待たせることがないように気を遣うこと。

参考