1(ワン)ショットキル

1ターンで相手のシールドを全てブレイクして勝利することをさす。

実際のゲームでは、かつてはフィニッシャーを並べるタイプの【クリーチャーコントロール】でたまに起きる程度だった。序盤からシールドを積極的に割りに行く速攻などのビートダウンではまず起こらなかった。
しかしカードプールの増大に伴い、【モルト NEXT】【赤黒ドギラゴン剣】【ジョット・ガン・ジョラゴン】といった1度に即死打点を揃える(またはダイレクトアタックまで持っていく)ことを主軸とした中速のデッキタイプが登場。革命編以降はこういった1ショットキルデッキが環境に入ってくることが多くなった。

ブレイクしたシールド手札になることを考えると、コントロールを使う場合は1ショットキルするのが望ましい。
対戦では当然相手も自分のクリーチャー除去するなどの妨害を挟むため、かつては、少しずつシールドを割りに行くしかないことが多いのが実情であった。
だが、環境が変化するにつれ1枚程度のS・トリガーでは止まらないほどクリーチャーを展開したり、そもそも相手の行動を封じて反撃をさせないカードを使ったりとビートダウンコントロール問わず安定した1ショットキルが実現できるようになった。

類義語に1ターンキルがある。あちらは「1ターン目に勝利する」のが本来の意味だが、1ショットキルと同じ意味で使われることも多い。また、あちらはダイレクトアタック以外での勝利にも使われる。

  • しばし即死コンボと混同されやすいが、1ショットキルは「1ターンで全てのシールドをブレイクして勝利する」という意味であり、決め手は基本的に攻撃ダイレクトアタックなので妨害される可能性がある。それに対し即死コンボはあくまで「ほとんど相手の状況に左右されず、ある手が揃ったら即勝てる」ものを指す。
  • 打点丁度で殴り切って勝利することを「ジャスキル」(just kill)と表現することもある。

ワンショットキルを狙うデッキ

参考