1ターンキル

ワンターンキルと読む。

本来はゲームが始まって1ターン目に勝利することを指す。
実際にはほぼ不可能であり、1ショットキルの同義語として用いられることもある。

デュエル・マスターズルール上、カードプレイにはマナコストが必要であり、勝負を決めるだけのアドバンテージを得るためにはマナゾーンにそれだけ多くのカードが必要となる。

1ターン目に使えるマナ手札からチャージした1枚分であることが多い。よって、【速攻】以外の多くのデッキでは1ターン目にチャージ以外に何もしないことも多い。

本来の意味での1ターンキルの方法は、《ラッキー・ダーツ》を用いたものが最も有名である。《ラッキー・ダーツ》からの《ヘブンズ・ゲート》《ミラクルとミステリーの扉》《龍仙ロマネスク》を出してマナを増やして勝利するというもので、増えたマナの使い方はいろいろ考えられるが、大型クリーチャーを出してスピードアタッカー化したり進化したりするパターンが多い。

《ラッキー・ダーツ》からの《ゴッド・ブリンガー》神帝ヘヴィ・デス・メタルマッド・ロック・チェスターなどのゴッドを並べて殴り切る方法もある。

《ラッキー・ダーツ》殿堂入り前は《ラッキー・ダーツ》からの《逆転のオーロラ》→2枚目の《ラッキー・ダーツ》からの《憎悪と怒りの獄門》スピードアタッカーのように、《ラッキー・ダーツ》を2枚以上使う方法も存在した。

また双極篇になると《“轟轟轟”ブランド》が登場。このカードをメインに据えたデッキ【“轟轟轟”ブランド】は1ターンキルがいままでのデッキタイプと比較しても高確率で決まりやすいものとなっている。

ただしいずれにせよ、確率が極めて低い「机上の空論」で、実用性は皆無。あくまで「理論上は可能」というだけである。

  • 歴史上、もっとも1ターンキルが「机上の空論」から「実現可能」に近づいたのは、かつては殿堂入りしていた《龍仙ロマネスク》と現在は殿堂入りしている《ラッキー・ダーツ》が4枚ずつ使えていた頃である。デッキ構築によっては「ごく稀に本当に成功する」程度まで確率を高めることが可能であったが、結局は1ターンキルのみを狙うよりも普通に3ターン以内にどうにかするように組んだ方が勝率ははるかに高く、「机上の空論」から抜け出しきれなかった。
  • 「3ターンキル」などは3ターン目にゲームに勝利するという本来の意味で用いられることが多く、【速攻】デッキならデッキ構成によっては割合ポピュラーに実現できる。4ターンキルはザラ。

《“轟轟轟”ブランド》は手札がこのカード1枚のみの場合、コストを支払わずに出せる。そのうえカードを1枚引けるため、後続の《“轟轟轟”ブランド》を何体か出すことができるため、わずか1ターンで即死打点を生み出すことができる。

  • 1ターンキルと1ショットキルが混同された理由は、遊戯王OCGで1ターンキルが1ショットキルの意味で使用されていたためである。近年では使い分けることが多くなっている。

参考


Last-modified: 2018-09-08 (土) 00:49:35