2016カレンダー

DMX-22で登場した種族

カードとしてのスペックは低いが、かわりにテキスト欄にカレンダーが書かれている。そのため、主にカレンダーとしての活用が基本となる。

1月 P 火文明 (1)
クリーチャー:2016カレンダー 1000
このクリーチャーは攻撃できない。
6月 P 火文明 (6)
クリーチャー:2016カレンダー 6000
W・ブレイカー
12月 P 火文明 (12)
クリーチャー:2016カレンダー 12000
T・ブレイカー

カードの特徴として、そのカレンダーの月と同じ数のコストを持ち、その数に1000をかけたものがパワーになっている。また、《1月》には攻撃できないデメリットがあり、パワー6000以上はW・ブレイカー、パワー12000はT・ブレイカーを持っている。その他、文明カードイラストクリーチャーで決定されている。
文明の内訳は、が5種類と最も多く、次点でが3種類、が2種類と続く。自然はそれぞれ1種類ずつしか存在しない。

  • カレンダー部分はフレーバーテキストですらないただの装飾である(デュエル・マスターズ公式HPでの2016カレンダーのフレーバーテキストが空欄であるため。当wikiもそれに倣う)。能力としてもカウントされないので、テキスト欄にカレンダーしかないものはバニラとして扱う。
  • 現在は2016年が終了したため、カレンダーとしての価値はなくなってしまった。
    • 余談だが、DMX-22の発売日は1月30日であるため、《1月》は発売日当日を含めてもたった2日間(1月23日の先行販売から数えても9日間)でカレンダーとしての役目を終えてしまった。
  • カレンダーとして活用する際は、その大きさから持ち歩きで利用するか、拡大印刷するのもいいだろう。しかし、カレンダーに予定を書き込むことが出来ないデメリットのため、カレンダーに予定を書き込む人とは相性が悪い。
  • イラスト自体は、2009年のカレンダーとして当時の定価1050円で発売したものの流用である。
    ちなみにそのカレンダーには、プロモのバルキリー・裂空・ドラゴン(全面イラストVer.)と、デモニック・バイスが付属していた。
  • 当然ながらデュエル・マスターズはおろか、トレーディングカードにカレンダーが書かれていることは前代未聞であり、情報が流れた途端に多くのプレイヤーを驚かせることになった。

2016年カレンダー


参考


Last-modified: 2018-09-10 (月) 16:45:42