DM-32 「神化編(エボリューション・サーガ) 第1弾」

BEFORE:DM-31 「戦国編 第4弾 戦国武闘会(グレイテスト・チャンピオン)」
NEXT:DM-33 「神化編 第2弾 太陽の龍王(ライジング・ドラゴン)」

神化編最初のエキスパンション。2009年6月27日発売。全120種類。
現在は絶版戦国編に続いての単色メインのシリーズである。

デュエル・マスターズの華の一つである「進化」に焦点が当てられており、新たな進化として究極進化ブロッカー進化手札進化墓地進化デッキ進化が登場。
キーワード能力としてソウルシフト爆進ダブルが登場。
種族として究極進化に対応したルナティック・エンペラー自然およびの大型種族ガイア・コマンドサイバー・コマンドが追加された。

サイズも進化方法も様々な進化クリーチャー達が大量に収録されており、それらとシナジーするカードも豊富。基本的なカードや再録カードも多く収録されている。
更にゴッドも復活し、横だけでなく縦にも連結する新型のG・リンクサイクル神帝」が登場した。

このエキスパンションの主要カードは、2009年9月公開の映画「黒月の神帝」において活躍している。

有名なカードとして

コモンスーパーレアまで活用性の高いカードが揃った、大型セットの名に恥じない強力エキスパンション。
進化が多い収録傾向もあってか、全体的に新たなデッキタイプを想起させてくれる、もしくは痒い所に手が届くようなタイプのカードが多く、120枚セットにしては玄人向け。

一見、究極進化などのファッティが目をひくが、進化速攻を得意とする軽量進化も多彩で、ビートダウンで輝くものが多い。特に【速攻】向きの進化は、従来の防御力では太刀打ちできないような効果・サイズを備えている。

  • ティラノ・ドレイクの名尾が通常は「〜ドラグーン」なのだが、一部のティラノ・ドレイクは、名尾が「〜ドレイク」となっている。
    他にもパラサイトワームライトブリンガーの冠詞の読みがそれぞれ「妖蟲(ようこ)→(ようちゅう)」、「黙示(もくし)→(もくじ)」に変更されている。
  • ヒーローズ・カードはキャラがそのクリーチャーのコスプレをするという趣向になっている。明らかに無理がある物が混じっているのはご愛嬌だろう。

収録カード

スーパーレア

ベリーレア

レア

アンコモン

コモン


参考


Last-modified: 2018-11-01 (木) 11:07:57