DMBD-05 「クロニクル・レガシー・デッキ2018 究極(きゅうきょく)のバルガ龍幻郷(りゅうげんきょう)

2018年8月10日発売。40枚入りで価格は税抜3300円。
自然で構成された白赤緑【連ドラ】デッキ。

コスト8以上のドラゴン24枚も入ったヘヴィ級のラインナップである。
《メンデルスゾーン》《ストンピング・ウィード》などのマナ加速を連打し、大型ドラゴンを展開するのが目的。
ドラゴン以外のカードはたった7枚であり、過去最高レベルのドラゴン濃度である。
マナ加速とS・トリガーが多い一方でバルガ系のカードが少ないので、改造の際はそれらの枚数調整が必要だろう。

また、踏み倒しを目的とするだけに、踏み倒しメタにはめっぽう弱い。一応除去系のカードも揃っている。

地味にハンターが多く、《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》《勝利のレジェンド ガイアール》などの展開能力を持つドラゴンかつハンターを入れる改造案も考えられる。

発売時点の環境は高速であり、マナ加速からの展開という戦略は隙が多いので、S・トリガーや《メガ・マグマ・ドラゴン》などの防御策は必須。
その改造案として、ドラゴンを手札に加え、それ以外をマナに送る《緑神龍バルガザルムス》、攻撃とブロック時にシールドを追加できる《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》が最有力。どちらも問題なく投入でき、弱点を埋めつつデッキの完成度を引き上げられる。ちなみに、前者は同じ「バルガ」であるため、このデッキのコンセプトと噛み合う。
また、《仰天無双 鬼セブン「勝」》を組み込むのも面白い。力押しになりやすいこのデッキにピッタリ。
加えてドラゴンではないが《トリガラ・ダシッチ》を組み込んでもいい。墓地からドラゴンを山札に仕込めることができ、「バルガ」の性能を最大限に引き上げてみる価値はある。

・・・など、ドラゴンをサポートするカードは多岐に渡り、自分に合ったカードで改造するのがベスト。

新規カードは、

過去および同時発売の他のクロニクル・レガシー・デッキと違い、過去の背景ストーリーの補完あるいはパラレルとなるフレーバーテキストはない。
一方で、存在する時系列や世界線が不明の地(ファンの心の中に存在すること、すなわち、あくまで背景ストーリーとは関係ない空間であることが示唆されている)「龍幻郷」におけるドラゴンの生活や抗争が描かれている。


収録カード

参考


Last-modified: 2019-01-16 (水) 21:10:42