DMC-28 「グランド・デビル・フィニッシャー1/2」

同時発売は、DMC-29 「アーク・セラフィム・リバーサー1/2」
新規カードは《魔皇アゼルザード》

初級者用のグランド・デビルデッキのベースとしてはなかなか優秀な内容。
改造するのであればを足してドローを強化したり《メディカル・アルナイル》《スナイプ・アルフェラス》等、サポート種族であるディープ・マリーンと組み合わせたり、《封魔の戦慄ジュマゾール》を入れてデーモン・コマンドと共同戦線を張るのも良い。
DMC-35 「ビギナーズ・ビートスラッシュ・デッキ」DMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」との相性も抜群である。

  • このセットを2つ購入してそのまま組み合わせた場合、《光線人形ストリウム》の枚数が8枚、《封魔エリゴウル》は6枚になってしまうためデッキとして成立しないので注意。最低でも6枚は他のカードと交換しなければならない。
  • 今までは40枚セットの構築済みデッキですら《デーモン・ハンド》は1枚しか収録されていなかったのだが、このセットはハーフデッキであるにもかかわらず《デーモン・ハンド》が2枚も収録されている。このセットの発売以降、《デーモン・ハンド》は手に入りやすくなった反面、高値で取引されていたシングルカードの価格は崩壊していった。
  • このセットより後に発売された絡みの構築済みデッキでは、《デーモン・ハンド》が2〜4枚収録されるのがほぼ当たり前になっている。

収録カード(◎=アルトアート仕様)

参考


Last-modified: 2018-08-08 (水) 14:04:42