DMC-43 「ネバーエンディング・ヒーロー」

スーパーデッキ・クロスシリーズの構築済みデッキの一つ。
原作の主人公・切札 勝舞と、そのライバル・白凰がそれぞれ使用するカードが組み合わさったデッキ。2008年7月19日発売。現在は絶版

新規カード《エンドラ・パッピー》《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》《聖霊龍騎セイント・ボルシャック》の3種類。
また、このセットが発売された時は絶版となっていた《聖霊龍騎アサイラム》《フレイムバーン・ドラゴン》再録されている。

ドラゴンエンジェル・コマンド種族を併せ持つクリーチャーを中心に構成されており、これらをサポートするカードも豊富。
攻撃が得意なドラゴンと、守りに秀でたエンジェル・コマンドが手を組んでいるだけあって、攻防のバランスに優れている。中盤以降の攻防において強さを発揮するデッキである。
反面、2文明の重量級の種族を組み合わせているため、高コストのカードとレインボーカードの枚数が多く、クリーチャーの展開力はやや低い。特に低コストのクリーチャー達は【速攻】対策となる能力も大して持たないため、S・トリガーを増量して守備力の強化を図りたい。

  • 全カードのイラストは獅子猿(Shishizaru)氏が担当。

収録カード

参考


Last-modified: 2018-07-26 (木) 07:25:04