DMD-11 「禁断(きんだん)変形(へんけい)デッキ アウトレイジの(しょ)

2013年7月20日発売。価格は税込みで2100円。現在は絶版。2013年6月29,30日に開催された次世代ワールドホビーフェアでの先行販売も行われ、そちらで買うとプロモカード版の《鼓笛獣 五朗丸》がもらえた。

アニメに登場した「アウトレイジの書」をモチーフに作られたパッケージが特徴。
スリーブはつかないものの、箱はデッキケースとして使うことができ、デッキを2つ収納できる。

以前発売された変形デッキとは違い、こちらは共通パーツの30枚、それぞれのキーとなるデッキ用パーツ10枚×2の全50枚セットである。
マナ数の左横に剣を象ったシンボルが書かれており、緑の剣が書かれた共通パーツ30枚と赤の剣の書かれたドロン・ゴーデッキ用パーツ10枚か、青の剣の書かれたシールド・ゴーデッキ用パーツ10枚を組み合わせることでデッキにすることができる。

共通パーツの収録カード

デッキの基盤となるマナブースト手札補充S・トリガーで構成されており、ドロン・ゴーシールド・ゴーの発動のために《死の獅子 ディオジープ》《銃神兵ディオライオス》が入っている。
縁の下の力持ちといった感じのカードが多く、このデッキ以外でも使用用途が見つかるカードが多い。

DASHゴールデンリストに入っていた《スーパー炎獄スクラッパー》がようやく再録された。《ドンドン吸い込むナウ》がイラスト違いで再録されているが、またしても1枚しか収録していないため、入手は難しいままである。
また、Yocky氏によるイラストの《青銅の鎧》DMC-33以来、Dustmoss氏によるイラストの《アクア・サーファー》DMC-35以来の再録となる。

ドロン・ゴーデッキの収録カード

ドロン・ゴーをメインとしたデッキ。こちらの切札は《暴剣王邪 ハリケーン》

ドロン・ゴーを意図的に発動させる《EX秘伝カツトンファー》や、後続兼ドロン・ゴー先のエグザイル・クリーチャーを確保しやすくする《暴剣坊 アラシ》など、ドロン・ゴーに欠かせないカードが多い。

改造するなら(レアリティの関係上仕方のないことだが)収録されていないドロン・ゴー先の《武闘将軍 カツキング》《絶超合金 ロビンフッド》を投入して、ドロン・ゴーを発動させやすくしたい。

また手札がないとドロン・ゴーは発動できないため、手札補充のカードも投入したい。このデッキは青赤緑の構成のため、《ドンドン吸い込むナウ》《ストリーミング・チューター》を投入することで、よりエグザイル・クリーチャーの確保がしやすくなる。

シールド・ゴーデッキの収録カード

シールド・ゴーをメインとしたデッキ。こちらの切札は《大焔団 フォルクス》

シールド・ゴーされたシールドは真っ先にブレイクされてしまうことが多かったが、表向きのシールドブレイクされることで火力を放つ《大焔団 フォルクス》攻撃対象を自身のシールドに固定する《焔の下の力持ち ワーゲン》のおかげで少しは解消された。
名前の元ネタである自動車メーカー「フォルクスワーゲン」からもわかるように、この2枚は相性が良く、おそらくデザイナーズコンボとして作られたと思われる。

改造するなら《進軍する巨砲 クロムウェル》といったシールド・ゴー持ちのクリーチャーや、表向きのシールドがあることで能力を発動する《どんでん返しのミラジーノ》といったカードを投入したい。シールド・ゴーをより発動させやすくしたいなら、自分のクリーチャーを破壊できるカードも投入したいところ。

参考


Last-modified: 2018-11-03 (土) 19:28:54