DMD-13 「スーパーデッキMAX(マックス) カツキングと伝説(でんせつ)秘宝(ひほう)

原作の主人公、切札 勝太が使うデッキをモチーフにした構築済みデッキ。現在は絶版

スーパーデッキ・ショックシリーズ以来、実に3年ぶりのスーパーデッキである。
発売は2013年11月16日。

内容は//自然【青赤緑ビートダウン】
スーパーデッキ・ゼロシリーズのものを一回り大きくしたような円形のパッケージが特徴で、パッケージの大きさは歴代最大である。

全カード銀枠フォイル仕様で、レイジクリスタルを図案化したカスタムホイルが用いられている。

新規カードは

序盤は自然文明のカードでマナ加速を行い、そこから《ヒラメキ・プログラム》《シンカイサーチャー》を駆使して《無敵剣 カツキングMAX》に繋げ、強力な大型クリーチャー手札マナから展開し相手を圧倒するのがこのデッキの戦術。1枚挿しのカードが多いため、様々な選択肢があるのが魅力。

  • このデッキ発売後すぐに行われたエリア代表戦はエピソード3限定であった為、そのままでも強いこのデッキの使用率は非常に高く結果を多く残した。

収録カード

お勧めの改良例

以下はあくまで一例。
《無敵剣 カツキングMAX》の汎用性は高く、マナから出す都合上他文明のカードをピン積みすることといったことも考えられる。しかしここではデッキと同文明のカードで候補をあげる。

《無法伝説 カツマスター》《無敵剣 カツキングMAX》からドロン・ゴーできる大型除去クリーチャー
《暴走龍 5000GT》巨大アウトレイジ、サイキックと5000以下を封じる
《サイバー・W・スパイラル》相手のクリーチャー2体を山札に飛ばし、攻撃時もブロックされない
《サイバー・N・ワールド》山札回復&手札補充
《翔帆轟音 グローバ・ライズ》マナ加速とパンプアップを行う進化アウトレイジ
《超竜の潮流 コンコルド》アウトレイジをさらに展開する進化アウトレイジ
《飛散する斧 プロメテウス》2マナブースト後、カード1枚回収する潤滑油
《二角の超人》こちらはクリーチャーのみだがアンタップインで2枚追加し、2枚回収できる
《グローバル・ナビゲーション》除去とマナ回収を同時に行えるS・トリガー
《一極両得 マクノカ&ヌクノカ》カツキングMAXがいればマナ加速とマナ回収を同時に行える

参考


Last-modified: 2018-10-08 (月) 22:23:24