DMD-18 「スーパーV(ビクトリー)デッキ ()えよ龍剣(りゅうけん) ガイアール」

2014年6月21日発売。現在は絶版

切札 勝太が使う単色構築済みデッキ
ドラゴン・サーガ単色推しのセットであるためか、スーパーデッキとしては初の単色構成である。

ビクトリーカード初収録のセットでもあり、2種類のビクトリーが収録されている。ビクトリーである《ガイアール・カイザー》は初の再録であり、このデッキが初のビクトリー再録したセットとなった。

序盤は8枚入っているチャージャーマナ加速し、コスト5、6の超次元呪文ドラグナーなどに繋げてビートダウンを開始する。

防御はS・トリガー頼み。マナ武装《天守閣 龍王武陣》をはじめとして、新規カードの《熱血龍 バトクロス・バトル》や初再録となる《めった切り・スクラッパー》で行う。

手札補充が少ないので、ハンデスの得意なDMD-19が相手ではじり貧に陥りやすい。
だが、マッドネス《熱血提督 ザーク・タイザー》で牽制しながら各種スピードアタッカーで攻め込んでいけば、こちらにも十分勝機はあるだろう。

ただし、客観的に見ればマナカーブにかなり無理があるので、無改造で戦うのは少々厳しいか。

全カード銀枠フォイル仕様。スーパーデッキ・サーガから使用されてきたカスタムホイルは使用されていない。

新規カードは

  • 一部のカードはMODE→CHANGEの文字はないが、MODE→CHANGE仕様になっており、カード名、枠、文明の部分だけ光っている。

収録カード (◎=アルトアート(MODE→CHANGE)仕様)

お勧めの改良法

手っ取り早い強化にはサイキック・クリーチャーの増量がある。

超次元ゾーンは8枚まで入れられるのであと2枚のカードを入れられる。
値は張るが、《勝利のガイアール・カイザー》は手に入り次第投入したい。アンタップされたクリーチャー除去でき、《将龍剣 ガイアール》龍解にも貢献できる。
他には疑似アンタッチャブル《レッド・ABYTHEN・カイザー》も強力。

4コストドラグハートを入れて、かつドラグナーをグレンモルトだけにする場合、《熱血剣 グリージーホーン》は抜いてしまっても構わない。

全体的にファッティが多いが、マナブーストチャージャーのみなので動きが緩慢になりやすい。そこで、《コッコ・ルピア》で一気に2マナ軽くする手もある。《ボルシャック・NEX》は6マナなので3→4ときれいにつながり、能力さらに《ルピア》を並べられる。
複数枚《コッコ・ルピア》が出ればドラゴンを大幅に軽量化できるが、反面除去された時の被害も大きいので注意したい。

また、《激竜王ガイアール・オウドラゴン》覚醒リンクするつもりではないのであれば、汎用性の低い《ドラゴニック・ピッピー》は抜いてしまってもよいだろう。そうなると不安定な《ガイアール・ゼロ》も抜ける。

その他、《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》覚醒を狙う場合は【メビウスシヴァ】《激竜王ガイアール・オウドラゴン》への覚醒リンクを狙う場合は【ガイアール・オウドラゴン】を参考にするといい。

以下はあくまで一例。
単色のみに限らず、他文明を入れるといったことも十分考えられる。

火文明を追加する場合

大型の候補

《ボルシャック・NEX》《コッコ・ルピア》を出して動きを高速化
《熱血逆転 バトライオウ DX》パワーの低いドラゴンの殴り返しを防ぐ
《爆竜勝利 バトライオウ》《バトクロス・バトル》とDXとの相性が良い
《永遠のリュウセイ・カイザー》ご存じハイスペックドラゴン

小型の候補

《コッコ・ルピア》除去に弱いが、チャージャーよりも早い
《フレフレ・ピッピー》
《爆鏡 ヒビキ》相手の呪文を牽制する、《熱血提督》で手札に入れられる
《爆炎シューター マッカラン》【速攻】相手に対する除去手段として
《勝負だ!チャージャー》3コストチャージャーの選択肢

サイキックまたはドラグハートを追加する場合

《カモン・ピッピー》殿堂入り・これからの勝利リュウセイは定番
《超次元ボルシャック・ホール》火の超次元呪文の王道。ガイアール・カイザーは出せないので注意
《超次元ムシャ・ホール》ボルシャックと範囲が異なるので苦手な相手と相談
《超次元ガイアール・ホール》覚醒リンクを狙いたいなら
《熱血星龍 ガイギンガ》龍解条件が簡単・龍解後の制圧力が高い
《勝利のガイアール・カイザー》アンタップキラー・将龍剣の龍解に貢献
《勝利のリュウセイ・カイザー》相手マナタップイン・相手の行動を遅らせる
《流星のフォーエバー・カイザー》相手サイキックの攻撃を封じる
《レッド・ABYTHEN・カイザー》選択で相手マナ全ランデス・実質的なアンタッチャブル
《時空の喧嘩屋キル》いわゆるキルばら撒き。覚醒して打点を増やす

参考