DMD-19 「スーパーVデッキ 滅びの龍刃 ディアボロス」

2014年6月21日発売。現在は絶版

コジローが使う単色構築済みデッキ
ドラゴン・サーガ単色推しのセットであるためか、スーパーデッキとしては初の単色構成である。

序盤はハンデスなどで妨害しながらチャージャーマナ加速し、コスト5、6の超次元呪文ドラグナーなどに繋げるコントロールタイプのデッキ

DMD-18相手には序盤から活発にハンデスで妨害し、息切れさせることができれば有利に戦うことができる。ただし、マッドネス《熱血提督 ザーク・タイザー》には注意したい。

新規カードは

  • 一部のカードはMODE→CHANGEの文字はないが、MODE→CHANGE仕様になっており、カード名、枠、文明の部分だけ光っている。

収録カード (◎=アルトアート(MODE→CHANGE)仕様)


お勧めの改良法

手軽な強化としては、サイキック・クリーチャーの増量が挙げられる。
《激天下!シャチホコ・カイザー》を入れれば毎ターン《特攻人形ジェニー》リアニメイトし、《勝利のガイアール・カイザー》を入れればアンタップ状態のクリーチャー殴り返しできる。他には墓地肥やし《虚構の影バトウ・ショルダー》とのコンボが狙える《ヴォルグ・サンダー》が有力。
ただし、闇雲に買い揃えていくと出費が激しいので、財布とよく相談するべきだろう。

《獄龍刃 ディアボロス》を使う場合、龍解することは意外と難しい。手札補充の少なさから、出すころにはほぼ手札が尽きかけており、墓地回収ができるとはいえドローステップ前に龍解するためである。墓地回収が主な仕事と割り切るか、手札補充の手段を用意しておきたい。

例としては《漆黒戦鬼デュランザメス》を増量し、《呪英雄 ウラミハデス》リアニメイトするギミックを取り入れるなど。大量サルベージができる《悪魔神グレイトフル・デッド》を入れてもいい。

ドラグハートに関しては基本出すものが《獄龍刃 ディアボロス》になるので《凶乱の魔鎌 ディスカルド》は抜いてしまっても構わないだろう。その場合《獄龍刃 ディアボロス》が1枚しか入ってないことから《龍覇 ウルボロフ》を複数出してもあまり意味がないので《龍覇 ウルボロフ》を減量することも考えられる。

序盤はハンデスがメインなので《墓守の鐘ベルリン》《聖鐘の翼 ティグヌス》は天敵。出来ればクリーチャーによる除去を用意するのが無難だろう。

以下はあくまで一例。
単色のみに限らず、他文明を入れるといったことも十分考えられる。

闇文明を追加する場合

大型の候補

《永遠の悪魔龍 デッド・リュウセイ》除去しつつ手札補充ができる便利なカード
《リュウセイ・イン・ザ・ダーク》タップインによって一気に制圧力が上げられる、スレイヤー付与も強力
《魔刻の斬将オルゼキア》2体除去は強力、生贄が必要な点も墓地肥やしとして扱える
《凶英雄 ツミトバツ》マナ武装7で相手全員を-7000させる
《魔龍バベルギヌス》マナ武装ではないので早期からリアニメイトが可能
《黒神龍グールジェネレイド》自壊しやすいドラゴンが多いので蘇生しやすい

進化の候補

《大邪眼B・ロマノフ》墓地肥やしが豊富なので進化は容易・フィニッシャー
《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》破壊しつつ即座に攻撃できる点で優秀
《悪魔龍王 デストロンリー》バトルゾーンの一掃、1体だけならパワーが上がる
《悪魔龍王 キラー・ザ・キル》確定除去持ちのT・ブレイカー

小型の候補

呪文の候補

《インフェルノ・サイン》殿堂カード・状況に合わせてカードを持ってこれる
《リバース・チャージャー》マナを貯めつつ肥えた墓地から回収できる
《魔狼月下城の咆哮》マナさえ貯まればデモハンの完全上位互換
《魔天降臨》豪快な疑似ランデス

サイキックまたはドラグハートを追加する場合

《超次元リバイヴ・ホール》墓地肥やしが多いので能力を生かしやすい・ディアスは出せないので注意
《勝利のリュウセイ・カイザー》相手マナタップイン・相手の行動を遅らせる
《勝利のガイアール・カイザー》アンタップキラー・ガンヴィートとの併用によって除去範囲が広がる
《激天下!シャチホコ・カイザー》ジェニーやバレルを蘇生して、毎ターンハンデスが可能に
《ヴォルグ・サンダー》自分の墓地肥やしだけでなく、LO狙いとしても
《サンダー・ティーガー》ミカドと合わせればマドンナやリリィを倒せる
《時空の喧嘩屋キル》いわゆるキルばら撒き。覚醒して打点を増やす

参考


Last-modified: 2018-09-17 (月) 00:51:18