DMD-23 「デュエマ・スタートデッキ 奇跡(きせき)光文明(ひかりぶんめい)

2015年4月25日発売。価格は税抜900円。
「VSR」からルシファーが新たに使う文明単色デッキ

新規カードは、

「奇跡」というのは恐らく12枚収録されているS・トリガーと、看板カードである《聖霊龍王 ミラクルスター》のことだろう。

スタートデッキの中で唯一ブロッカーが収録されており、守りもこなせる中速ビートダウンといったところ。ただルールを学ぶだけでなく、ブロッカーの動かし方も覚えたいという初心者にお勧めできる内容。

他文明のデッキと同じくS・トリガーが12枚収録されているため、守りはなかなか堅い。S・トリガーの代表格であるスパーク呪文は1枚も収録されていないが、かわりにマナ武装5でフリーズできる《聖歌の聖堂ゾディアック》や、進化元として使える《霊騎コルテオ》などが採用されている。

破壊手段が主に殴り返しになる文明にとって、バトルでは「無敵」の火文明に《エヴォル・ドギラゴン》《ゴウ・グラップラードラゴン》を出されると厳しい。

しかし《聖歌の聖堂ゾディアック》《聖霊龍王 ミラクルスター》フリーズできるので対処は可能。進化元になる小型を即座に除去するか、フリーズで動きを封じてその間に攻め込んでいきたい。

  • ルシファーが使うデッキとされているが、漫画では闘病の末に死亡し、アニメでは海外で療養中の為実際はデュエマウスがこのデッキを使用している。
    • アニメではルシファーが復帰後、このデッキを基にしたデッキを使用している(DMR-17のカードをいくらか追加している)ので、前回のデッキとは違い今回はちゃんと本人のデッキと言えそうである。

収録カード

お勧めの改良方

手軽な強化としては以下。詳しくは白単参照。

リブリバリア型

《聖球 リブリバリア》で主に攻め込む型。
エスケープのおかげで除去に強い上、手札補充になるのが強み。
《エヴォル・ドギラゴン》には《ピース・ルピア》で動きを止めよう。
古いカードだが、所持しているのであればエスケープとの相性の良いS・バックである《パニッシュ・ホールド》を使うのもよい。

トリガー特化型

S・トリガーを更に増量し、使い回すことでまさに「奇跡」の光文明にする型。
《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を使うことによって出たS・トリガーを使い回すことができ、粘り強く戦うことができる。

参考


Last-modified: 2018-10-14 (日) 16:58:34