DMD-33 「マスターズ・クロニクル・デッキ 2016 終焉の悪魔神」

2016年8月6日発売。価格は税抜2800円。全19種類。
マスターズ・クロニクル・デッキの一つであり、収録枚数は前年のクロニクル・デッキと同じく40枚。

だが、革風デッキケースが付くためか、価格は前年よりも1000円値上がりしている。

デッキタイプ進化デーモン・コマンドを主軸にした黒緑コントロール。所謂、【ターボドルバロム】である。

新規カードは、

バロムが5種類も収録された、まさに古参プレイヤー向けのファンサービスと言わんばかりのデッキである。

対となる聖霊王に比べ、マナ進化や充実したマナブースト及びコスト踏み倒しギミックのおかげで重い悪魔神でも十分に戦える内容となっている。

盤面を支える優秀なデーモン・コマンドも揃っており、新規カードとの相性もあって非常に戦いやすいデッキと言えるだろう。惜しむらくは新規カードの収録枚数がやや少なめな点か。


収録カード

おすすめの改造法

黒緑の弱点であるサルベージ《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》が、手札補充《無敵死神ヘックスペイン》が補っている上に、これらのクリーチャーcip能力デーモン・コマンドなので問題無く進化元になってくれる。この2体のデーモン・コマンドは2枚収録なので1枚は増量したいところ。

《ダーク・ライフ》《無敵死神ヘックスペイン》墓地肥やしがあるので、墓地からバロムコスト踏み倒しできる《邪霊神官バーロウ》もこのデッキとの相性が良い。
《母なる星域》《大地と悪魔の神域》といったコスト踏み倒し手段があり、何より現環境についていけないであろう《悪魔神バロム》は残念ながら真っ先に抜けてしまうだろう。

元々のデッキの完成度が高く、色事故をさける為にもデッキカラーを増やすことは控えた方がいいだろう。
また《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》を投入して、《バロム・クエイク》と《デス・マリッジ》で擬似キングロックを狙うのもいいだろう。

このデッキのフレーバーテキスト通りに、《覇王ブラックモナーク》を迎えられれば、敵は為すすべもなく滅びることになるだろう。

参考


Last-modified: 2018-07-29 (日) 04:30:24