DMR-09 「エピソード3 レイジVS(アゲインスト)ゴッド」

BEFORE:DMR-08 「エピソード2 グレイト・ミラクル」
NEXT:DMR-10 「エピソード3 デッド&ビート」

エピソード3最初のエキスパンション。「レイジ・アゲインスト・ゴッド」と読む。
2013年6月22日発売。全122種類。現在は絶版

エピソード2に引き続き無色カードが収録され、特定種族がフィーチャーされた。
タイプクリーチャーである「エグザイル・クリーチャー」と、復活したゴッドゴッド・ノヴァ」が目玉となる。前者はアウトレイジ、後者はオラクルが担当。いずれも今後のカードプールによって強化される拡張性が魅力である。

有名なカードとして

キーワード能力として「シールド・ゴー」、「中央G・リンク」、「右G・リンク」、「左G・リンク」、「∞パワーアタッカー」が登場した。また能力語として「光臨」と「ドロン・ゴー」が登場した。

  • 今弾からシークレットカードビクトリーの色違いバージョンとなり、通常のカードと合わせて4種類存在する。シークレットには金、紫、緑が存在し、後になるほど封入率が低くなる。
  • 収録カードに音楽ネタが散りばめられていることから、パック名の元ネタは、アメリカのロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」だと思われる。反体制的でラディカルなバンドとして知られ、「ゴッド」を頂点とする従来の秩序を守りたがる「オラクル」に抗う「アウトレイジ」との共通項が伺える。(ただし、ロックバンドを名前の由来とするクリーチャーゴッドが中心である)
  • 余談だが、今までとカードの匂いが違う。

収録カード

ビクトリー

スーパーレア

ベリーレア

レア

アンコモン

コモン


参考


Last-modified: 2018-10-01 (月) 17:57:26