G(ギャラクシー)・ブレイカー

G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)

相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後に自分のシールドをすべてブレイクする能力DM-31で初登場。

THE(ザ) FINAL(ファイナル) カイザー R 闇文明 (10)
クリーチャー:ブラック・コマンド・ドラゴン/ハンター 21000
G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)

超銀河剣 THE FINAL(ギャラクシーブレード ザ・ファイナル) SR 闇文明 (10)
クロスギア:サムライ
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+12000される。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、その攻撃の終わりまで、そのクリーチャーに「G・ブレイカー」を与えてもよい。(「G・ブレイカー」を得たクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)

その性質上、ワールド・ブレイカーが抱えるブロッカースーパー・S・トリガーに弱いといった弱点がそのまま当てはまる。
ワールド・ブレイカーと比較した場合、こちらは自分側のシールドもすべてブレイクしてしまうため、非常にハイリスクな能力と言える。
だがこれを利用し、自分のS・トリガーS・バックを使用することができるという利点もあり、どちらが強力かは一概には判断できない。
いずれにしてもオーバーキルである。

  • テキストが一繋ぎであり自身へのシールドブレイクは「その攻撃の後」であるため勘違いされやすいがルール上は相手のシールドトリガーで攻撃獣が除去されても自身へのシールドブレイクは発生する。しかし、《終末の時計 ザ・クロック》など残りターンを飛ばす効果がトリガーした場合自身のシールドブレイクされない。使われた側はS・トリガーの発動に注意が必要である。

参考