G(ゴッド)・リンク

G・リンク《リンク可能ゴッド》の左/右横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)

DM-24で登場した、特定のゴッド同士を合体させるキーワード能力

竜極神ゲキ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 7000+
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神メツ》の左横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得る。

竜極神メツ VR 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神ゲキ》の右横
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

常在型能力であり、G・リンクを持つゴッドバトルゾーンに出す時、対象のゴッドバトルゾーンに出ていれば、G・リンクした状態でバトルゾーンに出すことができる。

G・リンクすると、パワーマナコストが合算され、能力文明などを全て併せ持つ1体のクリーチャーとなる。

多くのゴッドリンクした時にのみ得られる能力を持っており、リンクに成功すれば強力なフィニッシャーとして運用できるようになっている。

  • 極神編のメインテーマの一つであり、様々なカードが登場した。神化編でも再度フィーチャーされており、上下左右でリンクする神帝サイクル神王サイクル、起源神サイクルが登場した。
  • リンクした場合、バトルゾーンを離れる時はどちらか1体を選ぶ。進化クリーチャーが破壊される時には下の進化元カードも一緒にバトルゾーンを離れてしまうので、ディスアドバンテージが小さいという点では、G・リンクのほうが進化よりも優れている。
  • この能力を持つカード、つまりゴッドはカードフレームがG・リンク用の特別な形状になり、リンクさせるとカードイラストが繋がるようになっている。また、フルフレームでないゴッドテキスト欄の横には半円が描かれており、リンクすると円が完成するようになっている。

ルール

キーワード能力「G・リンク」について解説。リンク状態については「リンク」を参照。

  • G・リンクはcipではない。この能力によってリンクするかどうかの選択は、ゴッドを「バトルゾーンに出す直前」にプレイヤーが決定する。このタイミング以外でリンクできないので、間違えないよう注意。
  • 《暴走龍 5000GT》など召喚を規制する常在型能力がある場合、リンクする前に適用される。例としてリンクできるゴッドAと《暴走龍 5000GT》がバトルゾーンに存在する状況で、Aとのリンク後にパワーが5000よりも大きくなるゴッドBを召喚しようとしても、Bの元々のパワーが5000以下の場合は召喚出来ない。かつてはリンクして5000よりパワーが大きくなる場合は元々のパワーが5000以下でもBをAとリンクさせつつ召喚することが出来た。
  • 同じ名前のゴッドが(間接的に)リンクできるのは今のところ五元神のみであるが、当然上のルールに従った上でリンクさせる事になる。

参考


Last-modified: 2018-09-29 (土) 15:26:14