テキストで用いられる表現。

進化ではないクリーチャー

母なる大地 R 自然文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、そのマナゾーンにあるカードの枚数とコストが同じかそれ以下の、進化クリーチャーではないクリーチャーを1体、そのマナゾーンから選ぶ。そのプレイヤーはそのクリーチャーをバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

サイキックではないクリーチャー

ヒラメキ・プログラム R 水文明 (3)
呪文
自分のサイキックではないクリーチャーを1体破壊する。その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1多いクリーチャーが出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
※プレミアム殿堂

超次元ガロウズ・ホール UC 水文明 (6)
呪文
バトルゾーンにある、サイキック・クリーチャー以外のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
コスト7以下の水または闇のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
※殿堂入り

《超次元ガロウズ・ホール》《ヒラメキ・プログラム》など、悪用防止のためにサイキックを参照対象外とするカードがいくつか存在する。逆に《巨人の覚醒者セツダン》のようなサイキックをサポートするカードもある。

ドラグハートではないクリーチャー

頂天聖 レオザワルド P 光文明 (10)
ドラグハート・クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 13500
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分のシールドがひとつもなければ、離れるかわりにとどまる。
自分がゲームに負ける時または相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の、ドラグハートではないクリーチャーを1体破壊してもよい。
龍解前⇒《百獣聖堂 レオサイユ》

GR(ガチャレンジ)ではないクリーチャー

GARIGARI・ナッパム UC 火文明 (6)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 6000+
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、自分のクリーチャーすべての、バトル中のパワーを+6000する。
自分の他のGRではないクリーチャーが破壊された時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
一触即死 UC 闇文明 (2)
呪文
このターン、自分のクリーチャーすべてに「スレイヤー」を与える。(「スレイヤー」を持つクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)

エモG SR 火文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース/スペシャルズ 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または自分のターンのはじめに、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
自分のGRクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
自分のGRではないクリーチャーすべてに「ガードマン」を与える。

《GARIGARI・ナッパム/一触即死》《エモG》など、ワンダフォースにはGRではないクリーチャーのみを対象に取るものがいくつか見られる。

参考