GR(ガチャレンジ)クリーチャー

クリーチャーの種類の一つ。

通常のクリーチャーと異なり、ゲーム開始時には山札ではなく超GRとして超GRゾーンに置いておく。
ゲーム中、カード能力によってGR召喚し、バトルゾーンに出すことができる。

The ジョラゴン・ガンマスター MAS 無色 (5)
GRクリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/ワンダフォース 3000+
バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計5枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。
超天フィーバー:バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計10枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+8000し、「W・ブレイカー」を与え、このクリーチャーが攻撃する時、好きな枚数のジョーカーズ・クリーチャーを自分の手札から捨てる。こうして捨てたジョーカーズ1体につき、相手のパワー10000以下のクリーチャーを1体破壊する。

多くが通常クリーチャーで言う2〜3コスト相当のスペックを持つ。レア度が高いものはそれ以上になることもある(コスト4バニラ並のパワーを持つ《ザーク卍ウィンガー》が顕著)。
GR召喚が使えるカードも2コストからあり、実質2コストクリーチャーのように使う事ができる。高コストカードからもオマケのように出したり、複数GR召喚したりできる。

GRクリーチャー自身はメインデッキに属さないクリーチャーであるため、GR召喚カードループなどで回しても大量召喚が狙える。

サイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーと同じくバトルゾーンを離れる際は一旦指定されたエリアに置かれる。その後即座に超GRの一番下に裏向きにして置かれる。

上記のようなカードを使ってGR召喚できる、その実質コストの低さ・柔軟さが魅力。
一方でGR召喚されるクリーチャーは完全にランダムであるため、登場する順番を考えながら超GRを組んでも、ゲーム中に狙ったGRクリーチャーが出る確率は極めて低い。
GRクリーチャー自体は良くも悪くも頭数として使うのがメインとなるだろう。

オレガ・オーラによってGR召喚した場合は、そのオーラ付与する能力を持った1体のクリーチャーとして運用できる。
オレガ・オーラは重ねがけができるため、場に残っていれば1体のGRクリーチャーをどんどん強化していくことも可能。

  • 子供にも人気のあるガチャガチャをギミックにモチーフとして取り入れる試みが成功したのか同じデッキ外ギミックの超次元ゾーン導入の時とは違い売上は増加している。構築済みですぐに実戦導入可能なセットが手に入るのも良かったのだろう、現状メインデッキによって構築の幅も変わりただ強い物を入れればいいということもない。

参考


公式Q&A

Q.GRクリーチャーとはなんですか?
A.GRクリーチャーは、GRゾーンに置くことのできる、裏面の白いクリーチャーです。通常のクリーチャーと違いコストと名前がカードの真ん中に書かれています。バトルゾーンにいる間はほかのクリーチャーと同じように扱います。
引用元

Q.GRクリーチャーはどうやってバトルゾーンに出せばよいですか?
A.GRクリーチャーはGR召喚によってのみ超GRゾーンから召喚することができます。GR召喚は超GRの一番上のクリーチャーを直接バトルゾーンに出しますが、この行為をコストを支払って召喚したものとみなします。
引用元

Q.GRクリーチャーがバトルゾーンを離れたらどうなりますか?
A.GRクリーチャーがバトルゾーン以外のゾーンにある時、超GRの一番下に戻ります。これはゲームの処理です。
引用元