J・O・E(ジョーカーズオーバーエクスプロード)

J・O・E x(このクリーチャーを、コストをx少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)

月刊コロコロコミック2017年8月号付録で初登場したキーワード能力
J・O・Eと書いて「ジョーカーズオーバーエクスプロード(Jokers Over Explode)」と読む。その略称や読み方の通りB・A・Dを意識した効果となっている。

ドッカン!ゴートッQ P 火文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000
J・O・E 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

文明ジョーカーズのみが持ち、コストを払って召喚する際に、能力で指定されている数だけ任意コストを軽減する事ができるが、この能力を使って出したクリーチャーターンエンド時に山札の下へ置かれてしまう。

一見B・A・D能力のようだが、自壊でなく山札へ戻り、更に1枚ドローする事が出来る。B・A・D自壊そのものが活きることは種族シナジー上ほぼないので、能力的にはほぼ上位的といえる。その分、《ダチッコ・チュリス》のようなカードはないため、軽減の恩恵を受けにくい。

なお、B・A・D持ちのクリーチャーと違い、全員がスピードアタッカーを持っているわけではないので注意。アタックトリガーバトルできる《バーバーパパ》逆フュリー・チャージになっている他、《スポーツ大尉》に至っては別のカードの力を借りなければそのターン攻撃することすらできない。


J・O・Eに関連した能力を持つカード


参考


公式Q&A

Q.J・O・Eはどう使いますか?
Aこの能力は、この能力を持つカードを手札にある時に使用して召喚することが出来ます。
引用元

Q.J・O・Eで出したクリーチャーがターンの終わりになる前にバトルゾーンを離れていたらどうなりますか?
A.すでにバトルゾーンを離れているので何も起こりません。カードを引くことができるのは、この方法で山札の下に置いた場合のみです。
引用元

Q.J・O・Eで山札の下に置こうとしたとき、何らかの効果でクリーチャーが山札の下に行かなかった場合どうなりますか?
A.カードを引くことができます。山札の下に置くという行為で発動しますので、それが結果的にどうなったかは問いません。
引用元

Q.J・O・Eで出したクリーチャーを進化させた場合どうなりますか?
A.J・O・Eを使用した時に、「ターンの終わりに山札の一番下に置く」という効果がクリーチャー自身にかかります。それが進化したとしても同じクリーチャーであることには変わりないので、ターンの終わりに山札の下に置かれます。この場合山札の下に置かれたのでカードを引くことができます。
引用元