MODE→CHANGE

DMR-01で登場した、フォイルカード。
ヴィジュアルカードに代わる存在として生まれ、カードイラストの右下にMODE→CHANGEと書いてあるのが特徴。

基本的な仕様は特にヴィジュアルカードと変わらない。今回もイラストが大きく加筆されており、エフェクトが黒枠まではみ出て非常に派手になっている。
以前と違うのは全体のフォイルの変更であり、
エピソード1ではX字型のフォイルが全体にかかり、
エピソード2では波紋のような円形のフォイルが全体にかかっている。
エピソード3では十字型のフォイルに戻ったが、光り方が弱まりカティノカードのように落ち着いている。さらに文明マークが濃くなった。
《鬼斗マッスグ》《獣鬼トラマル》《爆竜勝利 バトライオウ》のみ例外で、マッスグは何もフォイル加工がされておらず、トラマルはヴィジュアルカードと同じ仕様となっている。バトライオウは元のカードと同じスーパーレア仕様。

封入率は、ヴィジュアルカードから一転して、3パックに1枚入っているようなかなり高い確率。

イラストが枠からはみ出しており光り方も派手なことから、拡張パックを開封した時にスーパーレアと勘違いすることもある。

  • 体の色も変わっていることが多い為アルトアート版と言ってもよいだろう。
  • 基本的にハミでているのはエフェクトのみで、本体はハミ出さない。だが、《逆転王女プリン》のように体が大きくはみ出てスーパーレアと勘違いするようなカードも存在する。
  • カードパックを開けた時にひどい曲がり方をしている例も少なくない。

MODE→CHANGEカードリスト

参考


Last-modified: 2018-07-12 (木) 07:27:36