Magic:The Gathering

アメリカ合衆国のWizards of the Coast社が製作しているトレーディング・カードゲーム。
「マジック:ザ・ギャザリング」と読む。通称「マジック」「ギャザ」もしくは「MTG」。

日本では同社の日本支社が展開している。(2004年まではホビージャパン、2012年まではタカラトミー)

世界初のトレーディング・カードゲームであり、後発のTCGは基本的にこのゲームの影響を受けている。デュエル・マスターズもこのゲームを基にして作られた。

このゲームの文明(色)、マナ種族という概念が取り込まれ、タップブロックなど一部の用語や俗称も引用されている。

  • 創始者は数学博士のリチャード・ガーフィールド氏。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」は、連載開始時からしばらくの間Magic:The Gatheringを題材としていた。デュエルの神殿編の黒城 凶死郎戦まではマジックが使用されていたが、その次の白凰戦からデュエル・マスターズに切り替わり、今日までそちらが題材となっている。
  • コロコロアニキ連載漫画の「切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける?」は、この時にデュエル・マスターズに切り替わらなったifストーリーとなっている。
  • 「Magic」と「The」の間に入るのは「・」(中点)ではなく「:」(コロン)である。よって、「マジック・ザ・ギャザリング」という表記は厳密には正確ではない。

関連カード

参考

関連URL

  • ttp://mtgwiki.com/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8(MTGwiki)

Last-modified: 2018-10-21 (日) 14:45:55