《ジョリー・ザ・ジョルネード》 [編集]

ジョリー・ザ・ジョルネード MAS 水文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 10000
マスターJトルネード:相手のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の手札にあり、このターン中に自分の他の「マスターJトルネード」能力をまだ使っていなければ、自分のジョーカーズ・クリーチャーをコストの合計が10以上になるように好きな数選び、手札に戻してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。
自分のジョーカーズはブロックされない。

DMRP-11で登場したジョーカーズ/ワンダフォース

cipGR召喚を3回行い、自分のジョーカーズ全てにアンブロッカブルを与える。
しかし、最大の面白さは相手ターンの終わりに発揮できるマスターJトルネードにある。
合計コスト10以上のジョーカーズを好きなだけ手札に戻すことで、侵略ZEROと同じくこのクリーチャーを手札から踏み倒すことが可能。
つまり、相手のターン中にこのカードの踏み倒しGR召喚を行うことになるため、自分のターン開始時にはその4体の召喚酔いが解けていることを意味する。

S・トリガーからカウンターを決めるが如く、クリーチャーを相手ターン中に4体展開するのは驚愕もの。
マスターJトルネードの性質上、《バイナラドア》《ニルバーナー》など重量級S・トリガーは頼もしい味方となるだろう。
《ニクジール・ブッシャー》代替コストで出せるコスト高めのジョーカーズであり、《ジョルネード》のサポートになりうる。
超GR《The ジョラゴン・ガンマスター》《The ジョラゴンGS》《ゴッド・ガヨンダム》《鋼ド級 ダテンクウェールB》のように、名目コストの高いジョーカーズGRクリーチャーを揃えておくのも良いサポートになるだろう。
また、G・ゼロを持つ《シャダンQ》とも相性はいいだろう。
後に登場したキリフダッシュも少ないコストで高コストジョーカーズ召喚できるため相性がよい。
特に《熊四駆 ベアシガラ》名目コストが7と重く、cipマナ回収できるためこのカードに繋げやすい。

一方で、ハンデスに弱く、仮にマスターJトルネードを発動させようにも、手札に戻すためのコストが重めなのが難点。
コストの関係上、最低でも3以上、さらには3〜4体までは留めておきたい。
幸い、GR召喚デメリットを軽減できるものの、再召喚で召喚酔いを起こしていたら本末転倒なので、cip常在型能力でアドバンテージが取れるよう、強力なものを用意しておきたい。

アンブロッカブルによるトドメの後押しに使いたいなら、直接召喚してサポートに徹し、GR召喚を使い回したいなら、このクリーチャー自身をJトルネードさせるのもアリ。

マスターJトルネードでのコスト踏み倒しを抜きにしても、3回GR召喚するcip能力は非常に強力。
同弾で登場した《天啓 CX-20》などの重量マナドライブサイクルを複数体GR召喚できれば大幅なアドバンテージを取ることができる。
《ソーナンデス》などのJチェンジはもちろん、手打ちしてもコストに見合った働きができるだろう。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》との相性も良い。マスターJトルネードによって早いターンに一気にジョーカーズ・クリーチャーを展開できるため、それらをバウンスすることにより《ジョラゴン》の早期召喚に繋げられる。戻した《ジョルネード》を捨てることにより再度GR召喚が3回行えるなど無駄がない。

テクニック [編集]

  • バトルゾーンにジョーカーズの総コストが10以上揃っていなくても使用宣言ができる。そのため、相手のターンの終わりに発生した効果によって自分のジョーカーズがバトルゾーンに出た場合、そのジョーカーズのコストも計算に入れられる。例えば、このような芸当も可能。
    1. 《ヤッタレマン》1体や《タイク・タイソンズ》1体など、「バトルゾーンの自分のジョーカーズのコストの合計が、2以上9以下」の状態。
    2. 相手が3回以上召喚を行ったターンの終わりに、《バレット・ザ・シルバー》とこのクリーチャーを使用宣言。
    3. 《バレット・ザ・シルバー》を先に解決し、バトルゾーンに出す。
    4. マスターJトルネードを解決。その《バレット・ザ・シルバー》を入れて合計が10以上になるので、手札に戻してこのクリーチャーをバトルゾーンに出す。

その他 [編集]

  • ジョニーの兄にも関わらず、誕生はジョニーより後というのはおかしな話である。
  • カード名を日本語に意訳すると「陽気なジョルネード」。だがアニメ版ではどちらかというとぶっきらぼうな印象が強い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]