《ロックマンエグゼ(アンド)勝太(かった) [編集]

ロックマンエグゼ&勝太 P 水/火文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド/キカイヒーロー 3000
このクリーチャーを召喚する時、右のコードを読み取り、能力を相手に見せてもよい。そうしたら、このクリーチャーにその能力を与える。
日:スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
月:このクリーチャーはブロックされない。
火:パワーアタッカー+2000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+2000される)
水:このクリーチャーは攻撃されない。
木:呪文の効果によって、相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。
金:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体を破壊する。
土:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

DMX-22で登場したデュエマ史上初のテキストにQRコードの付いたカード

QRコードは読み込んだ曜日によって日替わりで内容が変化する。
QRコードのURL:https://dm.takaratomy.co.jp/card/qr_ability/?id=dmx21b-069

月曜は《キャンディ・ドロップ》、火曜は《喧嘩屋タイラー》、水曜は《クック・グレンオー》、木曜は《墓守の鐘ベルリン》と同じ呪文限定アンタッチャブル、金曜は《ハンマー野郎 オニドツキ》、土曜は《アクア・ハルカス》、日曜は《解体屋ピーカプ》と同じ能力を得る。

平日のカジュアル対戦に使うようなデッキに入れておく場合は、毎回能力が変わるジョークカードとして楽しむ事になるだろう。
一方、大会など、特定の日にそのデッキを使用する事が分かっている場合、デッキ構築の段階で「その日の能力」ではなく「デュエルをする曜日の能力」を前提に構築すべきである。
土日はスピードアタッカーキャントリップと【赤青速攻】では無難な能力になっている。

  • ゼニス等と同じく、召喚でしか能力トリガーしない。また、QRコードを読み取る端末を所持していない場合も、能力は事実上使えなくなる。特にiOS10以前のiPhoneではQRコードを読み取る機能がなく[1]。あらかじめアプリをダウンロードしておかなければならないので要注意。
  • 元ネタは劇場版第1作目のポスター。背景とキャラクターが差し替えられている所以外は同じ構図である。キャラクターはロックマンである事に変わりはないが、映画ポスターではオペレーターの光熱斗がクロスフュージョン(人間とネットナビが融合)した姿であったのに対し、今回はネットナビのロックマンEXEになっている。そして切札 勝舞切札 勝太になっている。またフレーバーテキストは映画のキャッチコピーから取られている。
  • QRコードを読み込む事で様々な能力が付与されるという特異な能力は、原作ゲームにおける、戦闘時にバトルチップをロックマンに転送してサポートする設定を再現したものだろう。ちなみにイラストに描かれているバトルチップのデザインは、前回コラボした「ロックマンエグゼ5」当時のものとなっている。
  • このカードの登場のためか、アニメ「VSRF」第2話では、カードショップ滝川の店内にロックマンエグゼらしき人物が一瞬映っている。とはいえ姿は似ているものの、色は全く異なっている。
  • 《勇騎恐皇フォルテ》とは違い、カード下には「©CAPCOM」と、株式会社カプコンが権利を有する著作物からの出典である事を示すコピーライトマークがある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] iOS11ではQRコード読込に対応しているので、この問題は解決されている