悪魔聖霊(あくませいれい)アウゼス》 [編集]

悪魔聖霊アウゼス SR 光/闇文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 6500
シンパシー:エンジェル・コマンドおよびデーモン・コマンド(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンド1体につき1少なくなる。ただしコストは2より少なくならない)
自分のエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンドが攻撃する時、相手のタップされているクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー

DM-13で登場したエンジェル・コマンド/デーモン・コマンド

敵対色の多色カードで、2つの種族を対象にしたシンパシーと、それらの攻撃時にタップされている相手クリーチャー破壊する能力を持つ。

エンジェル・コマンドデーモン・コマンドによる、殴り返しタップ&デストロイを強化するクリーチャーである。

相手のクリーチャータップされていれば、バトル能力で2体のクリーチャー破壊したり、シールド攻撃しながらクリーチャー破壊し処理と攻めを同時にこなすことが出来る。
大型クリーチャーパワーを無視して能力破壊出来、ブロッカーにも邪魔されない。
覚醒サイキック・クリーチャーG・リンクしたゴッドなどの解除リンク解除持ちにも有用であり、《悪魔聖霊アウゼス》の能力解除しつつ小型化した所をバトル破壊することで、除去耐性を貫通して処理が可能。

除去の性質としては、攻撃時限定だがスレイヤーすべてのバトルに勝つ能力の上位能力と考えてよいだろう。

相手クリーチャーの一斉攻撃や大型クリーチャーによる切り込みに対して、小型かつ少数でもエンジェル・コマンドデーモン・コマンドが自陣にいれば、容易に盤面を奪い返すことが可能となる。
カウンター気味に出して能力を使うだけでなく、実際には《悪魔聖霊アウゼス》が立っているだけで相手の攻撃を抑制することが出来る。

シンパシーを持っており、4コストエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンドから綺麗につながる。【アウゼス】を組む際はこの流れを意識するとよい。
4,5ターン目はビートダウン進化クリーチャーや中型スピードアタッカーが切り込んできやすいタイミングであり、返しで《悪魔聖霊アウゼス》を出して能力の起動が狙える。
最大で2コストまでコスト軽減出来るが、どちらの種族も大型が多くそこまで軽くなることは稀。ビートダウンに間に合わせることが出来れば、シンパシーを十分活用したといえるだろう。

種族が優秀なため軽量化の恩恵は大きく、進化元《漆黒戦鬼デュランザメス》《聖霊王アルファリオン》G・ゼロの数合わせ、《時空の霊魔シュヴァル》覚醒条件満たし、封印の解除要員などの活躍が期待出来る。

《悪魔聖霊アウゼス》がいるときの積極的なタップ&デストロイも強力。
ブロッカーが多いや妨害手段が多いカードを使っていると、場が膠着しやすく並べ合いになりやすい。《悪魔聖霊アウゼス》がいる状態でオールタップなどが決まれば、一気に盤面を壊滅させることが出来る。
《スーパー・スパーク》などのオールタップS・トリガー《超次元シャイニー・ホール》など、クリーチャータップ出来る汎用性の高いカードは多く存在する。

欠点としては、《悪魔聖霊アウゼス》の能力除去である以上、コントロールなどのクリーチャーを出さない相手には役割を持つことが出来ない。
能力シンパシーを有効に扱うには、相性の良いエンジェル・コマンドデーモン・コマンドにも恵まれる必要がある。
ただ、上記した種族の恩恵が大きいため、能力が有効に使えなくともまだ潰しがきく方ではある。絶妙なパワーを持ちコスト軽減する打点としても悪くない。自身も能力に含まれるので、単体でも一定の活躍は期待できるのも評価点。
しかし、環境カードプールによって評価が変動しやすいカードであるのは間違いない。

メジャーな種族を持つスーパーレアではあるが、非常に尖った性能をしたクリーチャーである。
エンジェル・コマンドデーモン・コマンドで構成されたデッキに差し込んでもいいが、高いビートダウン耐性とタップ&デストロイ性能に注目して専用デッキ【アウゼス】を組むことも十分可能である。

サイクル [編集]

DM-13シンパシーを持つ敵対色クリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]