音響(おんきょう)精霊(せいれい) ルルフーラ》 節を編集

音響の精霊 ルルフーラ VR 光/水文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または相手の呪文の効果または能力によってこのカードを手札から捨てた時、カードを2枚引く。
自分は、光の呪文を唱えられなくする能力を無視する。

DMEX-06で登場した/エンジェル・コマンド

5コスト2で5000ブロッカーの肉体面に加え、cipまたは疑似マッドネスによる2ドローが付いている。

これだけならコモンにも有りそうなスペックだが、何と《卍 新世壊 卍》以来2例目となる呪文ロックを無効化する能力が付いている。全ての光の呪文に対するロックを無視できるようになるため、《ジャミング・チャフ》などの呪文メタの多い環境では強気に動ける。

また、S・トリガーを使えなくする能力にも対応しているため、相手の《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》やでロックされている時でも、シールドから手札に加わったカードが光のS・トリガー呪文であれば唱えることができる。
さらに、S・トリガーの無効化は《革命聖龍 ウルトラスター》《煌メク聖壁 灰瞳》シールド回収にも対応しているため、そちらと組み合わせれば【ブライゼシュート】のような大規模コンボも可能。特に《革命聖龍 ウルトラスター》は革命能力でS・トリガー以外の光呪文も発動を可能にするため絶大なシナジーがある。

しかし、このカードが入る【ヘブンズ・ゲート】では、呪文メタよりむしろコスト踏み倒しメタを何とかしたいのが正直なところ。
とはいえ、《洗脳センノー》のようなそもそも場に出すことすら許さないタイプのメタクリーチャーでなければ、強力なcip除去持ちのブロッカーで吹き飛ばしてやれば乗り越えられる。
少なくとも【ヘブンズ・ゲート】を運用するにあたって、「そもそも《ヘブンズ・ゲート》を唱えられない」という状況を突破できるようになったことには間違いない。

大方の予想通り、登場から【ヘブンズ・ゲート】の主流カードとなった。

  • まぎらわしいテキストだがマッドネスの条件に書かれている「能力」は呪文を指定している。そのため、クリーチャーなどの能力によって捨てられた時は対象とならない。
    • 本来、呪文によるハンデス効果を指定するだけなら「能力」とは呼ばず「効果」だけである。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

  • DMEX-06
    多くの呪文を封じてきた力が、今、反転する。

収録セット 節を編集

参考 節を編集


公式Q&A

Q.相手のクリーチャーまたはオレガ・オーラの能力によって《音響の精霊 ルルフーラ》が捨てられた時、カードを引くことができますか?
A.いいえ。カードが引けるのは呪文の効果によって手札から捨てられたときのみです。
引用元

Q.《音響の精霊 ルルフーラ》がいる時に、《煌メク聖壁 灰瞳》を出しました。手札に戻したシールドがS・トリガーを持っていたら使えますか?
A.はい。使えます。《煌メク聖壁 灰瞳》によってS・トリガーを使えなくする効果は《音響の精霊 ルルフーラ》の能力で無視されます。
引用元