音精(おんせい) ラフルル》 節を編集

音精 ラフルル P 光/水文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団 5000
革命チェンジ:光または水のクリーチャー(自分の光または水のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、相手は呪文を唱えられない。
※プレミアム殿堂

DMX-23で登場した/エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団

cipにより相手の呪文詠唱を封じる。

《二族 ンババ》と同じく緩い条件から革命チェンジ出来るコスト5ドラゴンであり、更なる上級革命チェンジへの布石となる。

S・トリガーを封じることにより、攻撃を要する革命チェンジを重ねても生き残りやすく、革命0トリガーを封じることにより、より安全にダイレクトアタックを決める事ができる。
革命チェンジ手札に戻す都合上このクリーチャーも使い回しがしやすく、革命チェンジ持ちのフィニッシャーのお供として最適な一枚と言える。

環境において 節を編集

現在こそ、プレミアム殿堂に指定されるほどの強力なクリーチャーとして認知されているが、初めからそうであったわけではない。実は、登場当初は革命チェンジを行うのに攻撃が必須であり、さらに手札バトルゾーンカードが1枚ずつ必要であるということの要求値が高く、さらにその上でのメリットが1ターン呪文封じというのは実にささやかだと過小評価されていた。当初は【ドレミ団】における革命チェンジリレーの中間地点としか思われていなかった。

しかし登場以降、ビートダウンでもワンショットでも、「リソースをある程度確保でき、なおかつ踏み倒しの機構があるかクリーチャーを予め場に出せるデッキ」であれば、多くのデッキに入るという汎用性の高さを見せ、カウンター封じとして大活躍している。

DMRP-03期には、《蒼き団長 ドギラゴン剣》の呼び出し先としてこれを投入した構築の【モルト NEXT】がチャンピオンシップの上位入賞を果たしたという事例ポツポツとだが報告されていた。《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》による攻撃制限をモロに受ける《ラフルル》が【モルト NEXT】のパーツにすらもなるあたり、このクリーチャーの汎用性の高さが伺えよう。

このように、簡単な条件さえ揃えばあらゆるデッキに投入されてしまい、S・トリガー革命0トリガーなどの逆転要素を手軽に封殺してしまうからであろうか、2018年3月1日より殿堂入りとなった。このカードを採用するにあたって共に採用される事が多かった《単騎連射 マグナム》も同日殿堂入りとなり、後述する「単騎ラフルル」も、現実的な手段としては消滅したと思われた。

初期評価の低さとは裏腹に、登場からそれほど日を要さない内にいずれ殿堂入りするだろうと見られていた《蒼き団長 ドギラゴン剣》を差し置いて、革命軍としての殿堂入り第1号を果たしたカードとなっている。

その後も引いたもの勝ちのロック手段として環境で使われていたが、超天篇【青赤緑ミッツァイル】が成立すると、そちらのデッキの掘削能力の高さから「単騎ラフルル」が簡単に揃ってしまうことが判明。悪質さでは無制限時代と変わらない上に、ノーコストで出せる手段として《マリゴルドIII》が追加され、cipでのロックであり着地が必要ない点が相も変わらず活かされたため、2020年1月1日でプレミアム殿堂に指定された。革命軍ドレミ団エンジェル・ドラゴンからはいずれも初のプレミアム殿堂。

初期評価を考えればこのカードのプレミアム殿堂は大出世も甚だしいところである。とはいえ、デュエマの醍醐味であるカウンター札を半分否定するようなカードであり、どんなデッキにも寄生する素質があったため、プレミアム殿堂は納得の結果である。

「単騎ラフルル」 節を編集

このクリーチャー《単騎連射 マグナム》を組み合わせると、相手は一切のカウンターを打てなくなる。この手のロック体制の1ショットキル相手に有効なS・トリガーD2フィールド《Dの牢閣 メメント守神宮》《Dの爆撃 ランチャー・ゲバラベース》ぐらいしか存在せず、確実で安全なフィニッシュ手段であるが、の面で問題点も多い。そのため、【5色ドギラゴン剣】など、この問題を解消したデッキではこの一連の流れが採用される事が多々ある。青黒赤カラーでは《ラフルル》単独採用が目立つ。

また、【ビートジョッキー】の一種の派生として【赤青ブランド】というデッキが組まれるに至った要因でもある。【赤青ブランド】で《ラフルル》を使うなら《熱湯グレンニャー》革命チェンジ元として好まれ、そのターン中に決着を付ける自信があるなら《異端流し オニカマス》を使ってしまっても良い。

それ以外に、【シノビドルゲーザ】においてもクリーチャーが並びやすいので、《次元の霊峰》の手軽さもあり、出張先として頻繁に登場する。《単騎連射 マグナム》の代わりに《呪紋のカルマ インカ》を使うことも多い。

さらに、革命チェンジ元さえ用意できれば、2014年5月24日殿堂レギュレーション改訂以降《龍装者 バルチュリス》が登場する前まで過剰打点を形成しづらくなっていた【墓地ソース】など、1ショットキルが難しくコンセプトが合わないデッキにすらも投入されるほどである。

その他 節を編集

  • デュエル・マスターズでは珍しい女性型のドラゴンである。
    また《大音卿 カラフルベル》と似たデザインをしており、この二体は同じルシファーのパックに入っている。
    このことからするに、このクリーチャーは少なからず滝川 るるをモチーフにデザインされている可能性がある。
    名前に「るる」が入っている点も共通している。(滝川「るる」と音精ラフ「ルル」)

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集