()(せき) オリオン》 節を編集

奇石 オリオン R 光文明 (3)
クリーチャー:メタリカ 3500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きい自身のクリーチャーをすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。

DMRP-12で登場したメタリカ

cipで相手のマナゾーン枚数より大きいコストの相手クリーチャーを山札の下送りにする。S・トリガーも付いており、さらに本体のパワーは3コストにして3500とバニラ並み。

《オリオティス・ジャッジ》と比べるとマナゾーン枚数と同じコストのクリーチャーには効果がないが、クリーチャーが付いているのが大きく、呪文メタにひっかからないのが嬉しいところ。

このカードの登場から2週間足らずの2020年1月1日に《「本日のラッキーナンバー!」》が殿堂入りに指定されたため、そもそもS・トリガーで出てくることができないという事態は恐れる必要があまりなくなった。

種族がメタリカというのも優秀で、《一番隊 クリスタ》コスト軽減できる。クリーチャー比率が高いに越したことはない【メタリカサザン】ではまさしく願ったり叶ったりの存在で、比較的緩い条件で1コストまでコスト軽減して相手の盤面を荒らすことができる。

環境において 節を編集

当初からそのスペックは評価されていたが、2020年1月1日殿堂レギュレーション改訂以降の環境で言うと、【ドッカンデイヤー】系統を始めとするGR召喚系列は名目コストが小さいカードを多用するため、腐る場面の方が多い。ましてや《逆転のオーロラ》がその頃の環境のマナブーストとして流行していることから、下手すればバニラ同然の使い勝手で終わる場面も少なくなかった。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

  • DMRP-12
    文明の重要施設を次々と破壊していった文明随一の災厄の使徒、ヘルエグリゴリ-零式だったが、天空城を守るオリオンと出会ってしまったことが、まさしく彼にとっての災厄となった。

収録セット 節を編集

参考 節を編集