光牙忍(こうがにん)ハヤブサマル》 [編集]

光牙忍ハヤブサマル C 光文明 (3)
クリーチャー:ガーディアン/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャー1体に「ブロッカー」を与える。
※殿堂入り

DM-29で登場したガーディアン/シノビ

ニンジャ・ストライクコスト踏み倒しが可能であり、cipで自分のクリーチャー1体をブロッカーにする。
数あるシノビの中でも屈指の汎用性を誇る強力なカードである。

ニンジャ・ストライク4により、4マナ貯まり次第コスト踏み倒し召喚できる。相手の攻撃時に突然現れて味方1体をブロッカーにする。

基本的には《光牙忍ハヤブサマル》自体をブロッカーにして相手の攻撃を防ぐために扱われる。パワー3000までならばバトル破壊可能。チャンプブロックになってしまっても、マナコスト無しで防御できるのでテンポアドバンテージを失わずに済む。

自分の大型クリーチャーブロッカーにして相手を返り討ちにすることも可能。特に《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《紅蓮の怒 鬼流院 刃》など、バトルに勝った時にトリガーするカードとは相性がいい。

ニンジャ・ストライクのタイミング上、《クリティカル・ブレード》《超爆デュエル・ファイアー》などのブロッカー除去にほとんど引っかからないのは優秀な点である。

さらに、ニンジャ・ストライク召喚時にマナゾーン文明は参照しないので、このカード以外に文明を全く使っていないデッキでも問題なく使用する事ができる。
ブロッカーは基本的に腐りにくいカードであり、それが実質ノーコストで出せるのは非常に使いやすい。

【速攻】ビートダウン相手に悩まされているようならば、とりあえずこのカードを投入するだけでもそれなりの対策となる。

終盤の接戦ではこのカード一枚で命運が分かれることがあるため、相手の手札が一枚でもあるならばこのカードの存在を警戒するべきである。

ゲームにおいて [編集]

環境において [編集]

現在こそ殿堂入りするほど強力な定番防御札として認知されているが、当初は「ニンジャ・ストライクの条件が若干厳しい」「《光牙王機ゼロカゲ》と異なり素出しすると弱い」ということから評価がマチマチであった。

ところが程無くして《凶星王ダーク・ヒドラ》との相性の良さが周知され、環境の定番カードとなった。【速攻】以外ではまず投入されるというほど需要が高かった。

2011年1月15日より殿堂入り。様々なデッキで守備やコンボに使われていたが、殿堂入りにより使いづらくなった。同時期に《威牙の幻ハンゾウ》殿堂入りし、ニンジャ・ストライクによる防御は《光牙王機ゼロカゲ》《斬隠テンサイ・ジャニット》を採用することになるだろうと見られていた。

このカードが規制された背景にはエピソード1環境ビートダウン環境にしたかったという公式の方針があるとも言われているが、後述の《凶星王ダーク・ヒドラ》との組み合わせによる無限ブロッカー体制が詰みの状態を手軽に作る不健全なコンボであることを考えると当然の処置といえる。

殿堂入り後も防御札として広く使われ続けた。

革命編環境【レッドゾーン】が猛威を振るっていた頃は引けるかどうかで勝負を分ける防御札として重宝した。というのも、【レッドゾーン】の場合は《轟く侵略 レッドゾーン》の変則火力で先置きブロッカーを処理してしまうのであり、《轟く侵略 レッドゾーン》の火力を解決してからニンジャ・ストライクバトルゾーンに出るこのカードは他ではなかなか真似できない性質を備えていたと言える。

革命編での革命0トリガーの登場、革命ファイナルでの《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の登場、新章デュエル・マスターズでのニンジャ・ストライクの強化などから必ずしも防御をこのカードに依存しなくても良い状況となり、これだけ見れば弱体化したように見えるが、それでもなお環境に居座り続けた。特に新章デュエル・マスターズ環境ではギリギリの打点で攻めるデッキが多く、【モルト NEXT】に挿されるケースも見られた。ドラゴンではない単純な防御札であるにもかかわらずドラゴンシナジーを最大限活用するデッキに採用される当たり、このカードの汎用性の程が分かるだろう。

ところが超天篇環境では《「本日のラッキーナンバー!」》《終末の時計 ザ・クロック》GRクリーチャーなどを封じるために「3」を宣言することが多い上に、《ジェイ-SHOCKER》コスト3をJトルネードすることが少なくないため、このカードも巻き添えを喰らって弱体化。さらに大量GR召喚による過剰打点を武器とするデッキが激増し、仮に1体止めても意味がないケースが目立って行った。このようなことから超天篇でようやく環境から姿を消した。逆に言えばそこまで包囲しないと環境から姿を消さないほどの汎用性の高さであるということである。

十王篇に入ると、キリフダッシュのメタとして注目される。キリフダッシュするターンはメインステップにカードを使わないことが多いため、キリフダッシュ使用のためのブレイクを《ハヤブサマル》で妨害できればまるまる1ターンを無に帰すといっても過言ではないアドバンテージを稼ぐことが可能。

その他 [編集]

  • 召喚するのに文明を必要とせず、手札にあればいいので、屈指の汎用性を持つ。その汎用性の高さでどんなデッキにも入ることから、このカードを確定枠としている事が多い人からは「デッキの枚数は実質39枚」「デュエマデッキは39枚」と評される事がある。もちろん汎用性が高いからと言ってどんなデッキにも必ず入るわけではないが、ドロー手札交換サーチを積極的に行うデッキでは、採用しない理由を探すほうが難しい。
  • DMX-12再録された際には、MODE→CHANGE仕様となって登場。b枠なので入手が難しく、シングル価格も高め。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]