黒神龍(こくしんりゅう)ハルヴェルド》 節を編集

黒神龍ハルヴェルド C 闇文明 (6)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 6000
スレイヤー
W・ブレイカー

DM-22で登場したドラゴン・ゾンビ

スレイヤーW・ブレイカーを持つ。
このカードが登場する以前の大型スレイヤーに比べると、コストパフォーマンスが格段に良く、癖の強いカードが多いドラゴン・ゾンビにも関わらずデメリットを持たない点も評価された。

登場当時は他に使いやすいものが少なかったため、このクリーチャーが採用されることが多かった。
小型クリーチャーを踏み潰したり、パワーを上回る大型クリーチャーを道連れにしたり、W・ブレイカーシールドを割ったりと活躍の場面も多かった。
ドラゴンなので進化やサポートも充実しており、おまけにレアリティコモンで集めやすいことも長所と言えた。

やがて、6コストはドラゴンの激戦区となり、安定しているものの突出した面を持たないため、敬遠されることが増えた。

エピソード2で同コストで墓地肥やしのできる《黒神龍ワリー・Go・イネーガー》や、S・トリガー相打ちを誘う《黒神龍オドル・ニードル》が登場したのも向かい風であった。

上位互換には、ブロッカー無月の門を持つ《ストロング・ゲドー 卍》コスト軽減マナタップインコマンドまで持つ《凶鬼02号 ドゴンギヨス》がいる。
また多色になるが、強力なスピードアタッカー付与とリアニメイトを持つ《Mの悪魔龍 リンネビーナス》もいる。
このカードを使いたい場合は上記のいずれかで考えるべきだろう。

  • 読み方はやや違うが、ハルベルド(Halberd)とは柄の長い斧のこと。「ハルバード」と書けばわかりやすいだろうか。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集