次元(じげん)(あらし) スコーラー》 [編集]

次元の嵐 スコーラー SR 水文明 (11)
クリーチャー:ムートピア/スペシャルズ 11000
G・ゼロ:このターン中に自分の呪文を5枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、それがこのゲーム中にバトルゾーンに出した最初の《次元の嵐 スコーラー》なら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。

DMRP-07で登場したムートピア/スペシャルズ

呪文を5枚以上唱えていればG・ゼロで出すことが可能。さらにゲーム中に1度だけ、エクストラターンを得られる召喚限定cipを持つ。

G・ゼロ召喚扱いのため、呪文を5枚以上唱えることでそのままエクストラターンを得ることができるのがこのクリーチャーの強み。

《超宮城 コーラリアン》と同様のデッキを組むことで活躍できるだろう。
エクストラターンによって次のターンには召喚酔いも解けるので、大量展開した後から安全に一斉攻撃を決められる。
《I am》でワールドブレイクする前にこのクリーチャーをバトルゾーンに出せば、たとえスーパー・S・トリガーを数発喰らったとしてもエクストラターンで再展開すれば押し切れる。
マナブーストと呪文の詠唱を繰り返すループ系統ではエクストラターンを活かしてアンタップマナの生成を安全に行うというプレイングも取れる。

ルール [編集]

  • 『それがゲーム中にバトルゾーンに出した最初の《次元の嵐 スコーラー》なら、』と注釈されている為、1回でもバトルゾーンに出したら、後はG・ゼロ持ちのファッティにしかならない。
    • このカウントは召喚以外でバトルゾーンに出したものもカウントされる《父なる大地》で召喚を経由せずに引きずり出された場合、エクストラターンは得られないが「最初の《次元の嵐 スコーラー》」として扱われ、結果的にゲーム中このカードでエクストラターンを得ることは不可能となってしまう。デッキ運用の際には注意したい。

環境において [編集]

DMRP-07期に成立した【ゴクガサイクル】の核となるカードとしてブレイクする。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》《桜風妖精ステップル》などのスノーフェアリーがバトルゾーンに立っている状態であれば、《妖精の裏技ラララ・ライフ》《セイレーン・コンチェルト》《白米男しゃく》と続け、アンタップマナ0の状況からこのカードのG・ゼロ条件を達成できる。しかも、マナ回収を交えるのでパーツ要求値も比較的簡単に満たせる。

その後も、【スコーラー】のキーパーツになり、【青魔導具】に出張することまである。【カリヤドネループ】でもその姿が見掛けられる。

ソリティア系統のデッキであればG・ゼロの条件が簡単に満たせること、そのソリティアが対戦ゲームとしての性質を損なうことから殿堂入り候補に名前が挙がったが、2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂では殿堂入りを免れた。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-07
    嵐や手から、かみなりなどをおこす。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《次元の嵐 スコーラー》を召喚せずにバトルゾーンに出した後、2体目の《次元の嵐 スコーラー》を召喚してバトルゾーンに出しました。ターンをもう一度行うことはできますか?
A.いいえ、召喚したかどうかにかかわらず、すでに《次元の嵐 スコーラー》がバトルゾーンに出ていれば最後の能力は使うことができません。
引用元