(にじ)()ける(もの) スカイピース》 節を編集

虹を架ける者 スカイピース P 光/水文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド 2000
カードの効果によって相手とジャンケンし、自分がチョキで勝った時、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。

DMEX-08で登場した/ヒューマノイド

ジャンケンにチョキで勝った時にコスト踏み倒し召喚できる能力と、cipで1ドローする能力を持つ。

コスト踏み倒し能力、テキストに「ジャンケン」が含まれる点を考慮しない場合、残念ながらそのスペック《アクア・ハルカス》以下となり決して高いとは言えないだろう。
このカードを使うのであれば、やはりジャンケンができる能力を持つカードと組み合わせるべきであろう。
相性の良いカード《JK軍曹チョキパン》《炎舌実況DJ・ショー》だろうか。わずか2コストジャンケンが行えるため序盤からこのカードを踏み倒せる可能性がある。
さらにこれら2体はジャンケンに勝った時スピードアタッカーを得る能力を持つため1ターン目に《凶戦士ブレイズ・クロー》などの攻撃可能なクリーチャーを出しておけば、《スカイピース》をコスト踏み倒しできた時に1ドローして《龍装者 バルチュリス》を引き当ててさらに打点を追加できる可能性が高まる。
ここで《龍装者 バルチュリス》から《蒼き団長 ドギラゴン剣》《刀の3号 カツえもん剣》革命チェンジできれば《スカイピース》にもスピードアタッカー付与して攻撃に参加させられる。

コスト踏み倒し手札と指定されていない。そのため、クリーチャー墓地召喚マナ召喚できる状況であれば、それぞれのゾーンからコスト踏み倒し召喚できる。
cipドロー強制ライブラリアウトには気を付けたい。

基本は【白青赤ドギラゴン剣】における5枚目以降の《タイム1 ドレミ》といったところか。

  • テストプレイ段階ではなんと『ゲーム開始時のじゃんけん』で勝った時にも場に出る事ができたという。《開発部の守護者 ミッチー》よろしく、ゲーム環境を飛び出した能力というものはブラックボックスにありがちなものだが、キャントリップ持ちがノーコストで0ターン目に出るとなると、修正されるのは止む無しと言えるだろう。
  • 「チョキ」の手で勝つ事が踏み倒しの条件なのは、ピースサインがチョキの手で行われる事が由来だろう。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集