熱血龍(ねっけつりゅう) バトクロス・バトル》 [編集]

熱血龍 バトクロス・バトル P 火文明 (8)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 7000
S・トリガー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このクリーチャーとその選んだクリーチャーをバトルさせる。
相手のターン中にこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターンの終わりにこのクリーチャーを自分の山札の一番下に置く。

DMD-18で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン

S・トリガーを持ち、cip能力により、バトルゾーンにある相手のクリーチャー1体を選ぶことができ、自身と効果バトルをさせる。
ただし、相手のターン中にバトルゾーンに出た時、そのターンの終わりに自身を山札の下に置かなければならないデメリットも併せ持つ。

そのままでも《ドリル・トラップ》上位互換に近く、火力が7000に上昇しており、《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》《タイム3 シド》等の呪文メタを受け付けない。

どんな方法にしろ相手のターンにバトルゾーンに出るとニンジャ・ストライクのように山札の下に戻ってしまうが、相手クリーチャー破壊出来ていれば十分元は取れているだろう。

ドラゴンとして見ても非常に優秀であり、山札ドラゴン比率を下げずに防御力を高められるので【連ドラ】等では非常にありがたい存在となる。

自分のターン中ならば山札に戻らないので《竜星バルガライザー》等でコスト踏み倒ししても問題無く、《インフィニティ・ドラゴン》がいれば相手ターン中に出たとしてもバトルゾーンにとどまらせる事も可能。

更に効果バトルによって《爆竜勝利 バトライオウ》トリガー条件も満たせるので、ドラゴンデッキならば八面六臂の働きが期待できるだろう。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

登場から新章デュエル・マスターズまで【準赤単】系統で活躍しており、革命ファイナル終期からは【ドルマゲドンX】の除去札兼封印外し手段として重宝された。しかし双極篇になると【モルト NEXT】の環境落ちによって採用先を実質1つ失い、【ドルマゲドンX】も汎用性で上回る《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》やよりカウンターが高くなる場合が多い《ZEROの侵略 ブラックアウト》を優先するようになり、あまり見かけないカードになった。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]