覇王(はお)侵略(しんりゃく) ドレッドゾーン》 節を編集

覇王る侵略 ドレッドゾーン LEG 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 9000+
進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略:火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

DMEX-06で登場した進化ソニック・コマンド/侵略者

cipで3000全体火力を放ち、バトル中に5000パンプアップされるクリーチャー
超天篇ではもはやお馴染みのデッキとなった【レッドゾーン】の強化パーツ。

超天篇環境でよく使われるGRクリーチャーパワーラインの基準が3500以上であることを考えると、火力の範囲がパワー3000以下であるのはやや心許ない。また、打点W・ブレイカー止まりと控えめな感がある。
使い所は相手がパワーの異なる小型ブロッカーを複数体展開している場合か。

バトル中のパンプアップはそれほど強くはない能力だが、アタックトリガーでなくバトル中なので最低限《デスマッチ・ビートル》を超えられるラインではあるのは嬉しい。《デスマッチ・ビートル》はその高いパワーライン故に《轟く侵略 レッドゾーン》cipで焼くこともできたが、《界王類七動目 ジュランネル》を横に立たせることで回避するというテクニック(【ゲイル・ヴェスパー】で使われる)もあって、【レッドゾーン】にとっては中々厄介な敵であった。
しかし一方で《ドンジャングルS7》とは相打ちにしかならないというのは残念なポイントである。

総評としては【レッドゾーン】に4枚積むほどのカードパワーはないといったところか。選択肢としては決して悪くなく、《轟く侵略 レッドゾーン》と共に連続侵略する使い方も視野に入るので、環境に合わせて適宜枚数を調整したい。

環境において 節を編集

効果判明時の環境を考えると、一応【クラッシュ“覇道”】【赤白“轟轟轟”ブランド】の場合はメインデッキに入るカードの多くが3000全体火力に引っ掛かるため、それらのデッキには完全に腐ることもないだろうと思われていた。

しかしDMEX-06発売前の《“轟轟轟”ブランド》殿堂入りに伴い、仮想敵であったそれらのデッキタイプが大幅に弱体化してしまう。相対的にこのカードの強さも目減りした感じが否めない。とはいえこのカードスペックは十分高いので、前述の通り環境によっては活躍が期待できるだろう。

【赤緑ジョーカーズミッツァイル】DMEX-06期から超天篇環境に進出すると、あちらに入るジョーカーズのGRクリーチャーに刺さる面が見られるようになった。それらはパワー3000以下のものがよく使われるため、このカードが刺さりやすい。ところが程無くしてDMBD-09DMBD-10期になると、【レッドゾーン】自体が環境から半ば失墜してしまった。

その他 節を編集

  • 全体除去は容易に試合の流れを決定しうる可能性もある強力な能力である。実際にデッキに入れているかどうかが事前にわかっている場合を除き、【レッドゾーン】との対戦では常にこのカードの存在を意識しなければならず、抑止力として働くことを期待できる。
  • 名前の「覇王る」は「覇王+爆ぜる」、「ドレッドゾーン」は「ドレッド+レッドゾーン」の組み合わせ。火が飛び散る勢いで覇王の様に進撃し恐怖を与える新たなレッドゾーンという所か。
    • または、進化ソニック・コマンドはバイクパーツを装着した見た目となるところを見ると、「羽織る」とも掛けているのかもしれない。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集