白皇世(はくおうぜ)意志(いし) 御嶺(みれい) [編集]

白皇世の意志 御嶺 SR 光文明 (4)
GRクリーチャー:メタリカ/ワンダフォース 25000
自分の超GRにカードがあれば、このクリーチャーは攻撃できず、バトルゾーンを離れる時、かわりにとどまる。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)

DMRP-11で登場したメタリカ/ワンダフォースGRクリーチャー
ワールド・ブレイカーを持っているが超GRを空にしなければ攻撃できないデメリットを持つ。

しかし、超GRにカードが1枚でもあれば、対価なし置換効果でバトルゾーンを離れないという耐性が付いてくる。
パワーも25000あり、《KAMASE-BURN!》などのパワーを利用する能力とも相性がよく、GRクリーチャーらしからぬスペックを誇る。《暴走龍 5000GT》ロック圏外であるのも嬉しい。

とにかくほぼ常時発動する除去耐性が凶悪であり、さまざまなコンボが考えられる。
例えば、このクリーチャーにオレガ・オーラを付けると、オーラの除去手段のひとつである「クリーチャーごとどかす」という手段を断つことができてしまう。
《無修羅デジルムカデ》を付ければ耐性タップインが合わさって相手の攻め手を大幅に削ぐことができるため、非常に厄介。
素直に耐性持ちの大型クリーチャーとして運用してもいいだろう《学校男》などの除去能力を完全に腐らすことができ、《Dの牢閣 メメント守神宮》などでブロッカーを追加すれば、パワー25000になった《光器パーフェクト・マドンナ》同然なる。
さらには、無月の大罪《龍装05号 イヴィルヴィ》などの自分のクリーチャーを破壊するデメリットも、このクリーチャーを破壊対象に選べば帳消しにできる。

パワーの高さも武器になり、《ア・ストラ・ゼーレ》をつければパワー31000未満の相手クリーチャーをすべてバウンスできる[1]

さらに、パワーの高さと耐性によって、相手の《轟く侵略 レッドゾーン》も完全に腐らせる。

さらにGR召喚の天敵である《百発人形マグナム》すらもこのクリーチャーを破壊対象に選ぶことで無力化することができ、こちらが《百発人形マグナム》を使ったループをする際に、途中で一旦ループを止めることも役目も果たせる。

これだけでも十分活躍できるのだが、あえて攻撃に使いたいのであれば、大量にGR召喚して超GRゾーンを空にするか、ダイヤモンド状態にして攻撃制限を無効化するといいだろう。

環境において [編集]

登場当初は【青黒緑デッドダムド】を中心に《無修羅デジルムカデ》の装着先として実績を残した。

DMEX-07期になると、そもそも《無修羅デジルムカデ》が間に合わない【赤単ブランド】【赤青ジョーカーズミッツァイル】があまりにも増加したためにこのカードの需要も落ち、引いては【青黒緑デッドダムド】も環境から半ば姿を消した。

しかし、2020年1月1日の殿堂ルール改定で【ミッツァイル】を始めとする環境上位デッキの多くが絶滅・弱体化。その為、このカードの再発見も期待されている。

その他 [編集]

  • 欠点らしい欠点は、GRクリーチャーのためサーチができないこと。目当てのGRクリーチャーを出すには《煌銀河最終形態 ギラングレイル》などで12連GR召喚するというのが常套手段だが、このクリーチャーの場合は超GRを全部使ってしまうと除去耐性が消えてしまう。
  • メタリカの名前には当て字で架空の熟語が多く存在しているが、「御嶺」に関しては「御嶺山古墳(ごりょうやまこふん)」というものが実在してる。そちらを「みれいやまこふん」とか「みれいざんこふん」と読んでしまわないように。
  • カード名の由来は19世紀のイギリスの画家・ジョン・エヴァレット・ミレーと思われる。ミレイと表記されることも多い。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-11
    黒い雲から飛来する闇の星を食い止めて音楽祭を無事続けるために、空を支えられるほど巨大なGRクリーチャーが生み出された。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] DMRP-13時点では、素のパワーで対象とならないクリーチャーは11種類のみ