無頼勇騎(ぶらいゆうき)ゴンタ》 節を編集

無頼勇騎ゴンタ UC(C) 火/自然文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド/ビーストフォーク 4000

DM-10で登場した軽いヒューマノイド/ビーストフォーク
多色ながら、抜群のコストパフォーマンスを持つクリーチャー
以降に登場した多色クリーチャースペックから見ると、若干のオーバースペックであるほど。
このカードの登場により、他の2マナクリーチャー《クック・ポロン》等)は赤緑ビートダウンにおいてこのカードの5枚目以降となった。

このクリーチャーが2ターン目に召喚されるだけで、相手にとってはかなりきつい展開となった。特に【赤緑速攻】では勝ちパターンとなる。
多色なために2ターン目に召喚するのはやや難しいが、3ターン目以降に召喚しても、中速ビートダウンなどでの殴り返し役に働いてくれたりと、十分強力なクリーチャーであった。
種族も優秀で、進化クリーチャーの質・量ともに恵まれていることも魅力の1つである。

しかし、DMD-01で同コストにパワーが2000下がった代わりにスピードアタッカーを得た《無頼勇騎タイガ》が登場。
【速攻】はパワーより速さが求められるので、以降はタイガに居場所を譲ることとなった。

  • カードイラストから、ネイティブ・アメリカンがモチーフになっていると思われる。ゴンタとはネイティブ・アメリカンではポピュラーな名前の1つ。
    関西弁でもごんた(権太)と言う単語が存在し、腕白小僧、やんちゃ坊主という意味があるため、両方の意味を持った掛詞なのだろう。

関連カード 節を編集

相互互換 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集