勇鬼(ゆうき) ヒャクバイザー》 節を編集

勇鬼 ヒャクバイザー P 火文明 (6)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 5000
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、自分の山札を見る。その中からドラゴンを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

雑誌「変形デッキDX鬼BOOK」の付録カード。
スピードアタッカーアタックトリガーガチンコ・ジャッジに勝つことでドラゴンサーチする能力を持つ。
スピードアタッカーであるおかげで能力がうまく噛みあっている。

ドラゴンデッキではガチンコ・ジャッジに勝ちやすい。マナカーブ的にも、次ターンには例えば強力な殿堂入りカードである《インフィニティ・ドラゴン》《超竜バジュラ》を持ってきてそのまま繋げられる。
6コストドラゴンとしてはややパワーが低く思えるが、生き残りさえすれば何度でも持ってこれる為なかなか鬱陶しい1枚だと言える。ドラゴンデッキ手札が枯渇しやすいので相性が良い。

しかし結局のところ、不安定な能力と微妙なパワーなどから正直これといった使い道もなく環境とは無縁で、かつ知名度も皆無なマイナーカードであった。

流石に環境カードというわけではないが、登場当初に比べれば間違いなく運用上の幅が広がったカード。CS優勝を果たした【赤黒ドギラゴン剣】では、《ヒャクバイザー》の攻撃→《蒼き団長 ドギラゴン剣》にチェンジ→《ヒャクバイザー》のガチンコ・ジャッジに勝利→《音精 ラフルル》サーチ→《ドギラゴン剣》のファイナル革命で先ほどサーチした《ラフルル》の踏み倒し、という使い方がされていた。

  • 元ネタは「アンパンマン」となっている可能性がある。あちらは「元気100倍アンパンマン」が主だが、映画「それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき」では「勇気100倍アンパンマン」と発言している。

収録セット 節を編集

参考 節を編集

タグ: