煌銀河(ギラクシー)最終形態(ファイナルモード) ギラングレイル》 [編集]

煌銀河最終形態 ギラングレイル VR 光文明 (12)
呪文
シンパシー:クリーチャー(この呪文を唱える時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
GR召喚を12回する。

DMRP-12で登場したの呪文。

クリーチャーが対象のシンパシーと、GR召喚を12回、要するに実質超GR全ての分をGR召喚するという超豪快な効果を持つ。

12コストという途方もないマナコストだが、クリーチャーなら何でもシンパシー元になるため、決してオーバーキルスペックではない。

そのため、GR召喚を多用してクリーチャーを並べたいところだが、それをしてしまうと超GRゾーンのカードが減ってしまうため、このカードでの12回GR召喚の内何回かが無駄になってしまうというジレンマを抱えている。

【メタリカサザン】ならゲームが軌道に乗れば1コストで唱えられることもあるかもしれないが、メインデッキからシンパシー元を十分並べられる時点で、この呪文でさらなる展開を狙う意義は薄い。

フルスペックを発揮したいなら非GRクリーチャーを並べて軽減してから唱え一気にGR召喚するといった形になるだろう。ただし、後述するが、超GRに1枚でもカードがあれば、コスト論的に損はないのでそこはあまり気にする必要はないだろう。

シンパシーだけに頼らず、《ザパンプ》《ハヤテノ裁徒》などでさらなるコスト軽減を狙うのもありだろう。

いっそのこと、シンパシーを気にせず、コスト踏み倒しで唱えるのもいいだろう。

専用デッキ【ギラングレイル】ではマナブースト、コスト軽減を行うシステムクリーチャー、シンパシーがバランス良く取り入れられている。

  • 実は、普通に12コストで唱えてもコスト論的には損がないカード。通常GR召喚は呪文だと2コスト分で換算されるが、この呪文ならGR召喚1回に付き、1コスト以下で扱える。6マナ以上優位の法則を考慮しても5コスト分は得していることになる。
    • 超GRにカードが1枚でもあれば、コスト論的に損はないというのはそういうことである。
  • 超GRを表面が上になるようにまるごと手に取り、12枚をバトルゾーンに出す手順は厳密には誤り。GR召喚に制限がある場合は正しいプレイが必要になる。
    • 《暴走龍 5000GT》などによってGR召喚に失敗した場合、その時点で残っているGR召喚の回数だけ超GRの一番上を公開→裏向きにして超GRの一番上に戻すことを繰り返す。つまり、1回目のGR召喚で召喚できなかったら12回「召喚できない」を行うため、1体もバトルゾーンに出ることはない。
    • 《U・S・A・BRELLA》などによってGRクリーチャーが超GRの一番上から一番下に移動する可能性がある場合は、きちんと12回上からGR召喚する必要がある。

環境において [編集]

当初はオーバーキルな性能からこれと云って環境での使い道がなかったが、DMEX-08発売直前に【白黒緑ヨミジループ】における下準備手段として利用できるという事実が周知された。そちらのデッキには《クリスマIII》などがあるためマナ自体は伸びやすく、7コストまでコスト軽減できれば手打ちは容易。そもそも普通に打ってGR召喚1回につき1コスト換算というコストパフォーマンスは《“魔神轟怒”万軍投》で1ディスカードした際のコストパフォーマンスを上回っており、自然な状況で《“魔神轟怒”万軍投》のコストパフォーマンスを上回り手打ちに堪えるGR召喚呪文が弱いはずがないのである。

他のカードとの相性 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《煌銀河最終形態 ギラングレイル》を唱えました。1回目のGR召喚で《クリスマIII》がGR召喚された場合、2回目のGR召喚を行う前に《クリスマIII》の「マナドライブ3」を使用することは出来ますか?
A.いいえ、出来ません。クリーチャーの能力は呪文の効果処理中に割り込むことが出来ません。
引用元