【オボロティガウォック】 [編集]

【オボロセカンド】のデッキ構築論を基調としつつ、《天災超邪 クロスファイア 2nd》《絶海の虎将 ティガウォック》に総入れ替えしたアーキタイプ。双極篇に成立。《天災超邪 クロスファイア 2nd》を全抜きする過程でデッキも【オボロセカンド】よりビートダウン色が薄まっていった。
多くの多色カードがグッドスタッフ気味に組まれる、構築難易度・プレイ難易度ともに非常に高いデッキタイプ。

《天災超邪 クロスファイア 2nd》を全抜きするのが基本だが、時期によっては採用するケースが無いこともない。

月光電人オボロカゲロウ C 水文明 (2)
クリーチャー:グレートメカオー 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにある文明ひとつにつき、カードを1枚引いてもよい。その後、引いたカードと同じ枚数の手札を、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
絶海の虎将 ティガウォック SR 水文明 (7)
クリーチャー:ムートピア 6000
このクリーチャの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。

デッキパーツ [編集]

共通カード [編集]

《月光電人オボロカゲロウ》主要カード
《絶海の虎将 ティガウォック》早期の打点補強、ドロー加速、自前のブロッカーによる防御
《単騎連射 マグナム》ほぼすべてのクリーチャーによるカウンターを封殺
《音精 ラフルル》一切の呪文ロックする。クリーチャーから革命チェンジ可能

ダイス型の主要パーツ [編集]

覇道型の主要パーツ [編集]

ベイビー型の主要パーツ [編集]

その他候補カード [編集]

《“乱振”舞神 G・W・D》1ターンに最大2枚山札を掘り進められるクリーチャー
《ボーイズ・トゥ・メン》5色デッキ定番のトリーヴァ色基盤
《テック団の波壊Go!》効果共に優秀な全体除去
《オリオティス・ジャッジ》早出し、踏み倒し系統に効果覿面のS・トリガー全体除去
《ニコル・ボーラス》cipで実質オールハンデスAT確定除去
《怒流牙 サイゾウミスト》原則1回の攻撃を確実に凌げる重量級NS
《超次元ホワイトグリーン・ホール》引けば強い防御超次元呪文
《天使と悪魔の墳墓》ビッグマナ対策
《革命類侵略目 パラスキング》早期の打点補強、革命2でコスト軽減
《拷問ロスト・マインド》刺さる対面ではゲームエンド級の大規模ハンデスになる
《魔天降臨》手札には困らないのでタイミングを誤らなければ実質デメリット無しのオールランデス

超次元ゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

デッキの型が無数に存在するので回し方は一概に言えないが、一例としては以下の通りである。

基本は4ターン目以降に動くデッキであり、4ターン目に《月光電人オボロカゲロウ》から《絶海の虎将 ティガウォック》を出すのがメインの動き。そこから状況に合わせて除去やハンデスなどの妨害を仕掛ける。最後に《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が用意できたら安全なフィニッシュに向かう。

手札を奪ってから《魔天降臨》で一方的にゲームエンド級の被害を相手に与えるという勝ち方もある。

長所 [編集]

手札は余るほど手に入るためオールハンデス以外のハンデスには強固。序盤に《拷問ロスト・マインド》でごっそり削られるでもしない限り手札には困らないだろう。

当然というか対応力が高く勝ち筋が広いので、プレイングによる上ブレもその分高くなる。

殿堂入りパワーカードによる制圧が売りなので、時にテンプレにこだわらず最大値の高い殿堂入りカードを採用して実際に動かすと中々の活躍を果たしてくれるだろう。

基本的な勝ち筋に対して相手の《異端流し オニカマス》は腐りがち。それ以外のメタカードは要は除去すれば問題ない。

短所 [編集]

最序盤は色事故、手札事故に悩むこともままある。また、コスト踏み倒しが多めなので徹底的にメタを張られると弱い。

4ターン目以内に殴り切る【速攻】には弱く、それらのデッキにはS・トリガーが十分捲れるか否かにゲームが左右される。

《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》は既に場に出ているブロッカーには干渉しないので、クリーチャー比率の少ない方だとブロッカーにも弱め。

【オボロティガウォック】の変遷 [編集]

DMRP-05期には中速ビートダウンである【ジョット・ガン・ジョラゴン】がシェアを伸ばし始めたため、中途半端に並んだ相手クリーチャーに加えて自分のクリーチャーで《アポカリプス・デイ》の発動条件を満たし、そしてそれを6コストで手打ちするという場面も現実的に見られるようになった。

DMRP-07期にはフィニッシャーに《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を据えた型が確立した。丁度この頃は【チェンジザダンテ】が全盛期で、《時の法皇 ミラダンテXII》召喚ロックにコスト10の《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が引っ掛からないことから注目された型。通常の【クラッシュ“覇道”】と異なり徹底的にメタカードで牽制してから走り出すのが特徴。

詳しい確立時期は不明だが、【ベイビーミラダンテ】との折衷型として中盤から終盤にかけての制圧に特化した型も双極篇に流行していた。《蒼き団長 ドギラゴン剣》との折衷型すらチャンピオンシップ4位以内入賞を果たしている。

双極篇末期になるとデッキを超次元呪文やカウンター札に寄せた完全なコントロール型が主体になった。この頃になるとデッキに5、6枚挿したの受け札をサーチして《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチによって踏み倒しで唱えることが主流の動きになった。

DMRP-11期には《マリゴルドIII》《続召の意志 マーチス》を獲得。マナゾーン埋めた《単騎連射 マグナム》などにアクセスする芸当を覚えただけでなく大量のGR召喚手段からさらに展開する術を手に入れた。この頃には《BAKUOOON・ミッツァイル》《煌銀河 サヴァクティス》《時の法皇 ミラダンテXII》《ジャミング・チャフ》と繋げる型も流行。ノーコストで《BAKUOOON・ミッツァイル》の種になる上にそちらで破壊すればG・ゼロの1体制限もすり抜けることができるため、《天災超邪 クロスファイア 2nd》を入れた型も結果を残している。

DMEX-08期にはデッキを【4色ドッカンデイヤー】に寄せたリペア型が成立。デッキを入れる理由であった《音精 ラフルル》が2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂でプレミアム殿堂に指定されたため、デッキが抜き4色になったのである。

DMRP-13期には《U・S・A・BRELLA》《リツイーギョ #桜 #満開》《その子供、可憐につき》を取り入れた型がチャンピオンシップ優勝を果たした。

参考 [編集]