【ビートジョッキー】 [編集]

DMRP-01で登場した火の種族・ビートジョッキーを中心としたデッキ。

ビートジョッキーを指定する強力なコスト軽減を利用した【赤単速攻】《DB“ファンク”C-軍》の大幅なコスト軽減とドロー能力を併せて、山札にあるビートジョッキーを1〜2マナ程度で展開していくデッキであり、現状では【DB“ファンク”C-軍】と同義。

単に分類不能であったり1つのアーキタイプとして浸透していなかったりするビートジョッキーの種族デッキ、あるいはビートジョッキーの種族デッキの総称を指す場合もある。

一番隊 チュチュリス C 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
自分のビートジョッキーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
ダチッコ・チュリス R 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン次に召喚する自分のビートジョッキーのコストを最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
DB“ファンク”C-軍 SR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー 5000
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーすべての召喚コストを最大5少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
自分の他のビートジョッキーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

主要カード [編集]

《一番隊 チュチュリス》定番のコスト軽減クリーチャー
《ダチッコ・チュリス》
《DB“ファンク”C-軍》核。ビートジョッキー限定のキャントリップとG・G・Gにより、コストを-5軽減

候補クリーチャー [編集]

候補呪文 [編集]

フィニッシャーの候補 [編集]

《メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」》手札交換とスピードアタッカー化のツインパクト
《“乱振”舞神 G・W・D》相手のクリーチャーを除去
《“罰怒”ブランド》自身のクリーチャーをスピードアタッカーに
《“轟轟轟”ブランド》手札がこのクリーチャーだけだとコストを踏み倒せる
《“T-風”戦車 ガンデルン》《DB“ファンク”C-軍》とで更なる展開力を発揮
《龍星装者 “B-我”ライザ》シンパシー。デッキトップからビートジョッキーを踏み倒し。スピードアタッカー化も
《“血煙” マキシマム》自身の負けを阻止する
《グッド“MSL”バウンサー》味方を破壊されにくくする
《“滅砲”戦車 ヘビーベビィ》クリーチャー一掃。《グッド“MSL”バウンサー》とで被害ゼロ
《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》ターンエンド時にタップ状態で破壊されると追加ターン

このデッキの回し方 [編集]

他の【ビートジョッキー】と同じように手札を減らしつつ《チュチュリス》や《ダチッコ》で早期に《DB“ファンク”C-軍》をバトルゾーンに出す。
《C-軍》のG・G・Gを発動させている状況であればデッキ内全てのビートジョッキーが超低コストで出せるようになるので、マナが続く限りクリーチャーを展開し、スピードアタッカー化させて1ショットキルを仕掛ける。

長所 [編集]

高コストのビートジョッキーをデッキに複数入れても難なく展開でき、《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》などもコストを支払って召喚できる。
また1ターンに複数体展開する為《“罰怒”ブランド》と、常に手札が1枚になる為《“轟轟轟”ブランド》といった各種ブランドとも相性がいい。
超豪快に展開することができるため爽快感がある。

短所 [編集]

G・G・Gを発動させる為に手札を減らさなければならないので、能動的に減らしていく必要がある。(これはメリットともいえる)
また、クリーチャーの展開を今引きのみに頼っているため引きが弱ければ思うように展開できないこともある。
《DB“ファンク”C-軍》が来ないと何も出来ないことも多い。その癖手札補充も殆どないのでハンデスは大敵。
ビートジョッキーは本来防御を得意としている訳じゃないので速攻相手も苦手。S・トリガーに祈ろう。

参考 [編集]