【ロージアミラダンテ】 節を編集

《ドラゴンズ・サイン》を用いて《真・龍覇 ヘブンズロージア》を早出しし、早期に《時の法皇 ミラダンテXII》への革命チェンジ狙うデッキタイプ。
【NEXミラダンテ】を見てもわかる通り、《時の法皇 ミラダンテXII》を5マナ目以前に出すという行為は、ロック性能を最大限に機能し、後続の展開や補助を容易に通せるようにできるメリットがある。このメリットに基づき、白青(もしくはそこにを加えた白青黒)のみでの運用を目的としたのがこのアーキタイプである。
革命ファイナル環境の中期、終期に開発が進み、環境のインフレや相性の良いカードの登場に伴って、青白で十分運用可能なパワーを手に入れた。

時の法皇 ミラダンテXII(トゥエルブ) LC 光/水文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団 12000
革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。そうしなければ、カードを1枚引く。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。
※殿堂入り
真・龍覇 ヘブンズロージア R 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 5500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート1枚、または、光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
マナ武装 5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーはすべて「シールド・セイバー」を得る。
ドラゴンズ・サイン R 光文明 (5)
呪文
S・トリガー
コスト7以下の、進化ではない光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

主要カード 節を編集

《時の法皇 ミラダンテXII》
《真・龍覇 ヘブンズロージア》《龍魂城閣 レッドゥル》で、疑似SAとしての運用、普通にドラグハートを展開など、非常に柔軟な光ドラゴン
《ドラゴンズ・サイン》ロージアを【速攻】化するための重要カード。S・トリガーである事もおいしい。

サポートカード(クリーチャー) 節を編集

《時の秘術師 ミラクルスター》マッドネスなうえ、ブロッカーであり、大量の呪文墓地回収が可能で革命チェンジも持つ器用すぎる一枚。サインやヘブンズ・ヘブンでも登場可能。
《青寂の精霊龍 カーネル》S・トリガーであり、攻撃可能な5コスト光ドラゴン。ブロッカーに行動制限付与も持つ。
《音精 ラフルル》呪文が怖い環境なら。
《タイム3 シド》最軽量の光水ドラゴンで、呪文メタを持つ。
《瞬防の精霊龍 サドニアラス》S・バック-光で颯爽と登場する6コスト光ドラゴン。
《音感の精霊龍 エメラルーダ》ブロッカーで、シールド操作が可能な5コスト光ドラゴン。
《百族の長 プチョヘンザ》ファイナル革命でパワー12500未満を全てマナ送り
《武闘世代 カツキングJr.》最後のダメ押し、拮抗した戦況で輝く。
《煌龍 サッヴァーク》cipカード指定除去、味方全体への除去耐性付与

サポートカード(ツインパクト) 節を編集

サポートカード(呪文・D2フィールド) 節を編集

《ファイナル・ストップ》呪文封殺+1枚ドロー
《ミラクルストップ》G・ゼロ持ち呪文封殺
《ケンザン・チャージャー》手札補充マナブースト
《コアクアンのおつかい》ドローソース
《レインボー・スパーク》環境に増えたワンショットに非常に強く、条件付き2ドローも兼ね備える。
《魂と記憶の盾》お手軽除去呪文
《Dの天牢 ジェイルハウスロック》除去寄りの光D2フィールド
《Dの牢閣 メメント守神宮》守備寄りの光D2フィールド

ロージアで出せるドラグハート候補 節を編集

《真聖教会 エンドレス・ヘブン》ロージアとデザイナーズコンボを組むフォートレス
《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》このデッキと最も相性の良いフォートレス
《龍魂城閣 レッドゥル》ロージアをSA化する数少ない手段。
《龍魂教会 ホワイティ》相手獣をフリーズする。
《革命槍 ジャンヌ・ミゼル》盤面の防御力を高める
《浮遊する賛美歌 ゾディアック》光獣のパンプアップ。プチョヘンザの除去範囲増強
《百獣槍 ジャベレオン》シールドに余裕があれば、展開の余地あり。
《爆熱剣 バトライ刃》展開力の補強に

サンプルレシピ 節を編集

「デュエル・マスターズ グランプリ-5th 」優勝
レシピは大会事務局が公表

メインデッキ 節を編集

超次元ゾーン 節を編集

デッキ構築について 節を編集

基本的に極限まで光の比率を上げるのがこのデッキの構築における鉄則であり、《コアクアンのおつかい》以外は全部光が含まれているというケースが大会デッキではざらである。
《異端流し オニカマス》は一見色が合って相性が良いようであるが、《コアクアンのおつかい》のヒット率を下げるので採用されないことが殆どである。ロージアミラダンテの強いところは《コアクアンのおつかい》でほぼ確実に3枚の手札補充ができるところであり、不純物を入れるとその旨味が失われてしまう。
強いて光が含まれないカードが入るとすれば、《パクリオ》《クリスタル・メモリー》程度である。

カードパワー優先の構築が基本であり、色の合うブロッカー付きのコスト踏み倒しメタである《制御の翼 オリオティス》ですら、《蒼き団長 ドギラゴン剣》系列のデッキが《“龍装”チュリス》を獲得するまで敬遠されているきらいがあった。

デッキの動き 節を編集

メインの動き
?《コアクアンのおつかい》《レインボー・スパーク》等でドローを行い、パーツを集める。
?《ドラゴンズ・サイン》《真・龍覇 ヘブンズロージア》を出し、《龍魂城閣 レッドゥル》でSAに。
?革命チェンジで、《時の法皇 ミラダンテXII》を出す。

更にここから、
?手札に二枚目のサインがあれば、ミラダンテXIIで唱え、手札に戻ったロージアを出す。
?ロージアで、ドラグハートを出す

という鬼のような展開も可能。

既存のミラダンテXIIアーキタイプとの差異 節を編集

【シリンダミラダンテ】との差異 節を編集

利点
盤面の展開力、防御力の上がりやすさが、シリンダ型とは比べものにならない。《伝説の禁断 ドキンダムX》の全体封印に対する対策は、ミラダンテXIIのロックで事足りる事が多い。
また、《Dの牢閣 メメント守神宮》DスイッチとミラダンテXIIの相性が凄まじく良く、シリンダ型では対処し辛い盤面の処理とロックを同時に行える。
ミラダンテXIIのファイナル革命発動したターンの終わりに、ヘブンズヘブンで、カーネルを出す動きも盤面の処理という点で強く、中盤から終盤に、フォートレスの展開を許されれば、粘り強い動きで相手を制圧できる。
不利点
4ターン目(《王機聖者ミル・アーマ》を挟んで4ターン目に《ドラゴンズ・サイン》を出す動き)からミラダンテXIIを展開できるが、必要パーツの多さから、3,4ターン目にドローを挟まなければ事故率が高い。故に、5ターン目からの展開が定石であり、故に(ファイナル革命環境では)展開が遅い。4ターン目までは手札を溜め込むデッキなので、5ターン目に動き出す前に《爆霊魔 タイガニトロ》《ニコル・ボーラス》などの大量ハンデスを食らってピタリと止まる危険性も無視できない。
《禁断機関 VV-8》エクストラターンといった至高の隠し玉も、シリンダ型特有の機能で、ロージア型では、こういった動きは成しえないだろう。

【NEXミラダンテ】との差異 節を編集

利点
先述したロージア型の防御性能、シリンダ型のリーサルウェポンである《禁断機関 VV-8》エクストラターンといった戦術が乏しく、ミラダンテの最速召喚や、《凰翔竜機バルキリー・ルピア》のサーチ能力の高さによる状況対応に重きを置いているデッキのため、些細な手札事故や、相手の妨害によって動きが止まりやすいため、ドラグハートといったサブウェポンでもバトルゾーンで牽制できるロージア型の強さは光っている。
バルキリールピアが、「山札から必要パーツを確定サーチ」だが、
ロージアは、「超次元ゾーンから必要パーツを確定サーチ」とでも解釈してしまえばよいだろう。
また、NEX型の速度を補っていた《スクランブル・チェンジ》殿堂入りしたため、安定度はこちらに軍配があがるか。
不利点
《凰翔竜機バルキリー・ルピア》の確定サーチという安定感は、NEX型特有のアドバンテージであり、さらに、バルキリールピアは火・光のコスト5ドラゴンであるため、革命チェンジ先が、ミラダンテXIIに留まらず、《百族の長 プチョヘンザ》《龍の極限 ドギラゴールデン》といった除去カードにもつながる。ロージアの展開と防御か、バルキリールピアの柔軟性か、二択といったところ。尚、バルキリールピアの進化条件の厳しさから、合体は難しいだろう。

タッチ闇型(通称:ドロマーミラダンテ) 節を編集

文明ハンデス、汎用除去などをタッチしたデッキカラー
コスト踏み倒しメタに対する除去や《蒼き団長 ドギラゴン剣》の速度に合わせたハンデスなどで妨害性能を増したタイプである。
通常のロージアミラダンテに闇をタッチしたもののほかに、【ドロマー超次元】にロージアミラダンテのパーツを出張させたデッキもある。
やはりというか、《コアクアンのおつかい》以外は極力が含まれるように構築するのが鉄則である。

《解体人形ジェニー》言わずと知れたピーピングハンデス
《魔天降臨》強力なランデス呪文
《ZERO ハンド》コスト踏み倒しに反応する確定除去
《テック団の波壊Go!》強力な全体除去《伝説の禁断 ドキンダムX》メタ
《デモンズ・ライト》ドローソース兼小型除去
《ブレイン・タッチ》ハンデスできるキャントリップ
《青守銀 シルト/解体事変》互いにシールド追加/ピーピングハンデス
《学校男》アンタッチャブル貫通の除去。余剰のクリーチャーを巻き込んで《エンドレス・ヘブン》の龍解補助にも
《堕魔 ドゥポイズ》
《裏切りの魔狼月下城》《テック団の波壊Go!》/《デモンズ・ライト》/《ブレイン・タッチ》/各種革命チェンジのおかげでマナの多色は揃えやすい
《天使と悪魔の墳墓》選ばないランデス兼除去
《キラードン》大規模の除去、ハンデス
《超次元リバイヴ・ホール》疑似的な《ミラクルスター》と言うべき墓地回収付きの超次元呪文
《ヴォルグ・サンダー》定番山札破壊。自分の墓地肥やしに使って《ミラクルスター》の墓地回収範囲を広げるためにも
《勝利のリュウセイ・カイザー》疑似ランデス、革命チェンジ元
《勝利のガイアール・カイザー》このデッキでは単なるスピードアタッカーアンタップキラーとして使用
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》定番の除去持ちサイキック・クリーチャー

タッチ自然型(通称:トリーヴァミラダンテ) 節を編集

自然文明マナ加速、汎用除去などをタッチしたデッキカラー
《百族の長 プチョヘンザ》などの対象を取らない大型除去やコスト踏み倒しにあまり頼らないマナ加速による速度を追求したタイプである。
《コアクアンのおつかい》で拾えるように光の比率をなるべく高めたタイプ、《コアクアンのおつかい》とのシナジーを犠牲にした代わりに【シノビドルゲーザ】の機構を加えたタイプ、水のドラグナーを折衷したタイプなどがある。
通常のロージアミラダンテと比べるとやや超次元ゾーンを圧迫するのが難点。

革命編環境で偶に見られた《時の革命 ミラダンテ》を主軸とした白青緑デッキもこの名前だが、普通はまずこちらを指す。

詳しくは【トリーヴァミラダンテ】を参照されたい。

《フェアリー・ライフ》言わずと知れたマナ加速呪文
《怒流牙 佐助の超人》手札交換、マナ加速、マッドネス起動
《ガールズ・ジャーニー》色基盤、S・トリガーシノビを補充できる
《龍覇 M・A・S》中継ぎ
《ν・龍覇 メタルアベンジャー R》サブフィニッシャー
《父なる大地》相手のフィニッシャーをウィニーに変換
《調和と繁栄の罠》強力な足止め
《獅子王の遺跡》条件付きだが強力なマナ加速。《ガールズ・ジャーニー/怒流牙 佐助の超人》/各種革命チェンジ獣のおかげでマナ武装は達成しやすい
《罠の超人》S・トリガーで確定マナ送り。マナが伸びるデッキなので最悪素出しも
《真理銃 エビデンス》《M・A・S》でのリクルート候補
《龍波動空母 エビデゴラス》
  • **環境において [#qb9cbe44]
    革命ファイナル環境終期のメタゲームに進出し、「デュエル・マスターズ全国大会2016革命ファイナルカップ 日本一決定戦」のベスト8の内1人が使用していた。

新章デュエル・マスターズ環境でもDMRP-01期には《異端流し オニカマス》の存在が重かったが、《蒼き団長 ドギラゴン剣》系統のデッキを相手にする場合は《ドギラゴン剣》を抜き取れば相手の勝ち筋が狭まるため、踏み倒しを封じられても1ターンずつゆったりとクリーチャーを並べることで何とかなった。採用率はそれほど高くなかったものの、《学校男》でも《オニカマス》は対処可能であった。

DMRP-02期には《“罰怒”ブランド》が登場し、《オニカマス》に加えて《音精 ラフルル》《単騎連射 マグナム》などの長所をいいとこ取りにした【赤青ブランド】がメタゲームの一角を支配したことで、S・トリガーによる守りを前提とする中低速ビートダウンであるこのデッキタイプは環境から一歩下がった。

DMRP-03期になるとデュエル・マスターズグランプリ-5th優勝に輝くなど再び結果を残している。【レッドゾーン】がベスト8進出者8人中3人に使用されるなど、この大会は「超CS in 熊本」と比べると【速攻】に寄せた環境になっていたため、【速攻】に強いこのデッキタイプは活躍の機会を得たのだと思われる。

デュエル・マスターズ全国大会2017ではリペアとして《煌龍 サッヴァーク》を3枚、《唸る鉄腕 ギリガザミ》を2枚投入したタッチ闇型が3位に入賞しており、環境に居座ることが難しいと見られていた中でリペアに成功したことを示した。以降は《煌龍 サッヴァーク》を通すためにフィニッシュ枠を最小化し、デッキのドラゴン枠を10枚強程度(従来より5,6枚程度減)に抑えた分だけ手札補充や除去、システムクリーチャーに寄せた構築もまま見られるように。

2019年3月1日に本体である《時の法皇 ミラダンテXII》殿堂入りし、今度こそデッキとして成立しなくなったかと思われたが、《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》によるサーチ、5コスト主流ブロッカーによるコントロール戦術によって回せることが判明し、新殿堂施行直後のチャンピオンシップでの準優勝という結果が出された。

2019年8月ごろからは環境で多く見られた【青黒緑デッドダムド】に刺さる《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》を無理なく組み込めること、同様に増えた速攻系のデッキに対して持ち前の防御力の高さが生きることなどからそれまで途切れていたチャンピオンシップ4位以内入賞報告がポツポツとされるようになった。
それでもやはり《真・龍覇 ヘブンズロージア》に加え《時の法皇 ミラダンテXII》殿堂入りで失ったことは大きく、トップメタに進出するには至っていない。

その他 節を編集

光のドラグハート革命チェンジを全て詰め込んだルシファーの集大成と言えるデッキ
実際、アニメVSRF第48話ではルシファー切札 ジョー戦にて使用し勝利を収めている。

2018年3月1日より妨害手段の1つである《裏切りの魔狼月下城》ドラグナーを呼び出す戦術の要である《真・龍覇 ヘブンズロージア》が共に殿堂入り。前者に関しては枠の都合それまで中々入れられなかった呪文でリペアすれば良いが、後者のドラグナー戦術に関しては壊滅的な被害を受けたため諦めて【白単天門】に寄せたトリガーデッキ構築にするか《煌龍 サッヴァーク》の枚数を増やすなどの対応が望ましいと見られるようになった。幸い《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》も同日の殿堂レギュレーション改定によって規制されたため、S・トリガーなどによる受けを重視する構築には追い風となった。

2019年3月1日に前述の通り本体である《時の法皇 ミラダンテXII》殿堂入り。それによってサーチブロッカーを活かしたコントロールとして回されるようになった。また、根本的な勝利ルートが《煌龍 サッヴァーク》による革命チェンジを用いないビートダウンに寄せられるようになった。

DMEX-06《ケンザン・チャージャー》を獲得。手札を減らさずに最速で4ターン目には《音感の精霊龍 エメラルーダ》《ドラゴンズ・サイン》を使用できるようになった。

参考 節を編集