追加ターン [編集]

追加ターン [編集]

何らかのカード能力効果によって、プレイヤーが追加のターンを得ること。あるいはそうして得たターンのこと。
このターンの後にもう一度自分のターンを行う」というテキストで示されることが多い。
エクストラターン」と呼ばれることもあるが、これはあくまでも俗称。

聖剣炎獣バーレスク VR 火文明 (9)
進化クリーチャー:アーマード・ワイバーン 8000
進化−自分のアーマード・ワイバーン1体の上に置く。
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。
無双と竜機の伝説(エターナル・ボルバルエッジ) SR 火/自然文明 (7)
呪文
パワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。
このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。

通常、デュエル・マスターズプレイヤーターンを交互に繰り返すことによってゲームが進行するが、エクストラターンを得た場合は自分のターンを連続して行う事ができる。

追加ターンを得ることで、基本ルールだけでも「1枚ドローできる」「1枚手札からマナチャージできる」「すべてのマナクリーチャーアンタップできる」などのアドバンテージを稼げる。さらにこれらに関連して誘発する能力や、ターン開始時、またはターン終了時にトリガーする能力なども絡めれば、得られるアドバンテージは膨大となる。
その分、追加ターンを行える能力を持つカードは、コスト重かったり、条件が厳しかったりと大きなデメリットを抱える場合が多い。

超天篇までで、追加ターンを行える能力を持つカードは以下の通り。

  1. 《聖剣炎獣バーレスク》
  2. 《無双竜機ボルバルザーク》(現在はプレミアム殿堂
  3. 《ザ・ユニバース・ゲート》
  4. 《奇跡の覚醒者ファイナル・ストーム XX NEX》
  5. 《勝利宣言 鬼丸「覇」》(現在は殿堂入り
  6. 《熱血星龍 ガイギンガ》
  7. 《正体不明》(ただし、相手プレイヤー)
  8. 《禁断機関 VV-8》(現在は殿堂入り
  9. 《キング・ボルバルザーク》
  10. 《シン・ガイギンガ》
  11. 《無双と竜機の伝説》
  12. 《浪費する者 シキゴイ》
  13. 《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》
  14. 《次元の嵐 スコーラー》
  15. 《月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍》
  16. 《ア・ストラ・ゼーレ》
  17. 《トンカチ・シュモック》
  18. 《引き裂かれし永劫、エムラクール》
  19. 《コスパンダメソッド》

逆に追加ターンの取得を制限するカード《侵略者 ランドヘッド》が存在する。また、《無双と竜機の伝説》は追加ターン中に唱えることのできない呪文である。

  • 追加ターン中は唱えられない《無双と竜機の伝説》の登場により、追加ターンと通常ターンの区別は重要となった。
  • 追加ターンを得る能力を持ったカードは勝舞編から勝太編までの15年の間10種登場したが、ジョー編に突入してからはたった3年の間に9種も増えている。

参考 [編集]