デリートロン 節を編集

DMSD-09から登場した種族(サブタイプ)。

感応 TT-20 UC 水文明 (3)
GRクリーチャー:トリックス/デリートロン 2000
相手の呪文の効果またはカードの能力によって、相手がこのクリーチャーを選ぶ時、カードを1枚引く。
(ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札に含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す。)
*/零幻チュパカル/* C 水文明 (2)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +0000
自分のオーラを使うコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

ワンダフォースと対を成す敵対種族
ワンダフォース呪文クリーチャーによってGR召喚を行うのに対し、こちらはオーラを使ってGR召喚を行うのが特徴。
DMRP-12期現在、自然にのみ確認されている。
属するカードのほとんどがオーラGRクリーチャーであり、通常のクリーチャーは僅かに存在するのみである。

命名ルール文明カードタイプによって異なる。

詳しい命名ルール)

  • GRクリーチャー
    能力に関連した漢字2文字+アルファベット大文字2文字[1][2]。+パワーの左から2文字
    カタカナ+コストに対応する十干(甲乙丙丁…)+パワーの左から1文字目の漢数字+式
    自然植物に関する名前(カタカナでコスト+1文字)+パワーの千の位以上のローマ数字
  • オレガ・オーラ
    */加算されるパワーの1文字目の漢数字の大字+幻+架空の生物や絶滅生物に関する名前[3]。+〜/*、ベリーレア以上は極幻+漢字一文字+〜・〜
    幽+漢字一文字[4]。+〜
    自然2つ以上のギリシャ文字の組み合わせ
  • この種族を持つGRクリーチャーのイラストには必ず瞳(目玉)が描かれている。

参考 節を編集

}}}


[1] 1文字目はコストによって異なる。2ならD、3ならT、4ならC
[2] 2文字目は能力形態によって異なる。バニラならV、常在型能力持ちはS、cip持ちはEまたはX、バトルゾーン離れた時に誘発するトリガー能力持ちはL、それ以外のトリガー能力持ちはT
[3] このルールに反し現生生物の名前を持つ物も少なくない
[4] 『影』、『鬼』、『具』のいずれか