俺のデッキは52枚 節を編集

DMSD-08DMSD-09のCMソングで初めて使われた曲のタイトル。それぞれ歌詞が違う。
軽快なリズムに乗ったシンプルながらも個性的すぎる歌詞は、画面の中でもバカでかいテキストでその存在を主張しており、一度見たら忘れられない中毒性の高いCMになっている。

後に、DMSD-10のCMでも使われた。
それまではクリーチャーのみだったが、キラがアニメで使っていた正義のポーズが画面のいたる所に使われるようになり、完全にネタ要素に振り切っている。

ここまでなら、個性的なCMソングとして終わっていたのだが、タカラトミーのYoutube公式チャンネルとTwitter広報アカウントにて、これら3種のCMソングをつなぎ合わせた1時間に渡る作業用BGMが公開された(参照)。
公式が作業用BGMも流すという珍事態に、多くの人が驚いたことだろう。

もともと思いつきで作った歌だったが、これまでの反響に味を占めた担当者は、その後もこの曲を作り続けることに成功する。

ついには52枚構築済みデッキとは無関係なエキスパンションであるDMEX-06 「絶対王者!! デュエキングパック」のCMでも使われた。
「わかりみエモい」「タピッておけまる」などのネットスラングや俗語が使われ、画面にはムキムキ姿の男性の腕だけが踊るなど、ネタ要素はさらに加速した。
あまりに強烈すぎる内容からファンの間でもたちまち話題となり、YoutubeのタカラトミーチャンネルでこのCMが公開されると、1週間足らずで100万を超える再生数となった(参照)。

DMSD-13のCMでもこの曲が使われた(参照)。

2019年の年末にはJOY SOUNDでのカラオケ配信が決定してしまう(参照)。

DMEX-08販促期間には、歌手の松崎しげるがノリノリで熱唱(参照)。
さらに作業用BGMがまたしても作られた(参照)。40分から1度だけDMSD-08版の歌が流れるという仕掛けがある。
収録カードの1枚《CanCam》フレーバーテキストあるいはカードイラストにも、「52枚」のオマージュのようなフレーズが用いられた。

  • 52枚とはメインデッキ超GRで構成した場合のデッキの総枚数である。これを繰り返して歌うことで、従来のプレイヤーに超GRを使ったデッキの作成をアピールする狙いがあったのだろう。

参考 節を編集