公認(こうにん)グランプリ [編集]

高年齢層をターゲットにしたタカラトミー公認の大規模大会。
競技運営ルールによると公式大会として位置づけられる。

2015年、デュエルロードの廃止に伴い、イベント体系をデュエ祭、全国大会、公認グランプリ、チャンピオンシップに変更することが告知された。公認グランプリはこの一環で設置された。会場の都合や全国大会との日程調整の兼ね合いもあり、春(関東)と秋(関西)の年に2回のペースで開催される。GP9thからは2020年東京オリンピックの影響で会場の確保が難しくなった為、静岡県や愛知県といった東海地方でも開催されるようになった。

初回となる「デュエル・マスターズグランプリ-1st」では、当初から1080人規模で行われることが告知された。追加募集もあり、応募人数1156名、最終参加人数1114名で無事に実施された。人数に対応するため、全国各地からチャンピオンシップ主催経験者が集められた。

  • サイドイベントや限定グッズ販売、シャドーアートや切り絵などを展示するユーザー出展、イラストレーターのサイン会なども実施され、本戦参加者以外も来場者を楽しませる工夫が施された。
  • 会場の様子はニコニコ生放送で実況中継された。プレミアム会員であれば現在でもタイムシフト視聴が可能。テキストカバレージも用意されている。

GP-2nd以降は一気に2000人規模に倍増された。その人数に対応できるようにするためか、事前に認定ジャッジ検定を実施してタカラトミー認定ジャッジを選定し、そこからジャッジを積極採用する方式が採られた。2016年10月現在、東京で実施されたほか、兵庫でも開催された。地方開催の足がかりとして位置づけられている。

2018年に入るとGP6thでは3人1組のチーム戦が、GP7thでは2ブロック構築が新たに導入された。

2019年のGP8thでは史上初の2日間連続での開催が発表された。

  • GP-10thはかねてから世界中で猛威を振るう「Covid-19(新型コロナウイルス)」の影響で、GP史上初の開催延期となった。2020年4月時点ではあくまで「延期」であって「中止」とは明言されず、会場も変更なく愛知国際会議展示場の予定であった。
    • その後も開催が模索されてきたが、緊急事態宣言が全国に拡大された事もあってか4月29日になって正式に開催中止が発表。開催中止は勿論史上初となる。

イベント一覧 [編集]

開催日会場主催フォーマットアーティストサイン会TOP8賞/上位賞/参加賞優勝者使用デッキ定員公式動画
DMGP-1st2015/08/01(土)エスフォルタアリーナ八王子フルコンプ殿堂レギュレーションkawasumi
NAKAMURA 8
Toshiaki Takayama
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》
《龍覇 イメン=ブーゴ》
《古龍遺跡エウル=ブッカ》
【イメンループ】約1,000名ニコニコ生放送
DMGP-2nd2016/05/28(土)東京流通センターホビーステーション殿堂レギュレーションDaisuke Izuka
NAKAMURA 8
《不敗のダイハード・リュウセイ》
《ドンドン吸い込むナウ》
《特攻人形ジェニー》
【マークロループ】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-3rd2016/09/19(月)祝神戸国際展示場 3号館フルコンプ殿堂レギュレーションYOICHI ITO
nejita
Murakami Hisashi
《偽りの王 ヴィルヘルム》
《クリスタル・メモリー》
《白骨の守護者ホネンビー》
【赤黒ドギラゴン剣】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-4th2017/04/16(日)池袋サンシャインシティAホールホビーステーション殿堂レギュレーションotumami
shosuke
YOICHI ITO
《暴走龍 5000GT》
《オリオティス・ジャッジ》(TOP128賞)
《フェアリー・ライフ》
【モルト NEXT】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-5th2017/10/14(土)京都パルスプラザ大展示場フルコンプ殿堂レギュレーションIttoku
Futaro
NAKAMURA 8
《ボルシャック・ドギラゴン》
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》(TOP128賞)
《戦慄のプレリュード》
【ロージアミラダンテ】約2,000名ニコニコ生放送
DMGP-6th2018/4/21(土)幕張メッセ国際展示場2番ホールフルコンプ殿堂レギュレーション/チーム戦Murakami Hisashi
lack
Mikio Masuda
《S級不死 デッドゾーン》
《終末の時計 ザ・クロック》
《Dの牢閣 メメント守神宮》
【青黒ハンデス超次元】
【白青黒ロージアミラダンテ】
【5色フェアリー・ミラクル】
約3,000名YouTube
DMGP-7th2018/10/8(月)祝京都パルスプラザ大展示場ホビーステーション2ブロック構築boyaking
RUI MARUYAMA
96suke
《龍世界 ドラゴ大王》
《ウソと盗みのエンターテイナー》(TOP128賞)+《異端流し オニカマス》
《サイバー・チューン》
【白零サッヴァーク】約2,600名YouTube(予選ラウンド)
YouTube(決勝ラウンド)
DMGP-8th2019/4/13(土)幕張メッセ展示ホール7〜8ホビーステーション2ブロック構築(13日)Tutui Misa
Hisanobu Kometani
《超戦龍覇 モルト NEXT》
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》
【赤緑印鑑パラキン覇道轟轟轟】約3,500名YouTube(『2ブロック構築』予選ラウンド)
YouTube(『2ブロック構築』決勝ラウンド)
2019/4/14(日)殿堂レギュレーション(14日)IWAO
Yuukoo009
《ミステリー・キューブ》【赤白ミッツァイル】約3,500名YouTube(『殿堂構築』予選ラウンド)
YouTube(『殿堂構築』決勝ラウンド)
DMGP-9th2019/10/5(土)ツインメッセ静岡フルコンプ殿堂レギュレーションkawasumi
shosuke
Nekobayashi
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》
《音奏 プーンギ》
《霞み妖精ジャスミン》
【カリヤドネループ】約2,100名YouTube(予選ラウンド)
YouTube(決勝ラウンド)
DMGP-10th2020/4/11(土)→未定→開催中止[1]愛知国際会議展示場フルコンプ殿堂レギュレーション/チーム戦《卍 デ・スザーク 卍》
《天災 デドダム》
《龍装者 バルチュリス》

参考 [編集]


[1] 新型コロナウイルスの影響