効果 節を編集

能力によってゲームにもたらされる「影響」のこと。

カードが持っている能力は、そのテキストに従って何らかの効果を生成する。

以下に効果の一例を示す  ※太字部分が効果

ただし、状況によっては効果の生成の前後でゲームの状態に変化がない場合もある。例として、バトルゾーンにクリーチャーがいない状況での除去があてはまる。

ルール 節を編集

効果が実行不可能な行動を要求している場合、可能な部分だけを実行する。「空撃ち」のページも参照。

効果は、元のテキストにて明記されている場合や他のゾーンにしか適用できない場合を除き、バトルゾーンのみに影響する。

すべての効果は重複できるが、W・ブレイカー能力の効果のように重複が意味を成さないものもある。

その他 節を編集

あくまで効果は『能力から生成されるもの』であり、カードが持っているのは能力である。「効果を持つ」という表現は「効果が誘発する」「効果を起動する」「効果を解決する」という表現は誤用である。

呪文が持っているのは呪文能力であり、効果ではない。よくカードのテキストに「呪文の効果」と書かれているが、正確には呪文の解決によって生成された効果をことを指している。呪文の解決によって生じるのが呪文の効果であって、決して呪文自体が効果を持っているわけではない。より厳密に表記するならば「呪文による効果」等が適切である。

参考 節を編集