高速化(こうそくか) [編集]

ゲームの進行速度が以前の環境より早くなること。主に、フィニッシャーの展開やダイレクトアタックの速度が早まる。後述するが、カードパワーが上がっていくだけのインフレとは意味が異なる。

実はこの高速化の定義は曖昧。

一般的にはゲーム開始から終了までの現実時間が短縮されることを指すことも多いが、実際は黎明期から見るとそんなに試合時間が減少していなかったりする。むしろ、黎明期の【青単速攻】の方が圧倒的に早いということも。早期決着を狙うビートダウン方面にも、防御を固めるコントロール方面にもインフレは必ず起こるため、インフレしたからと言って試合時間だけが減少する一方なんてことはない。

クリーチャーの展開速度、ゲーム開始からファッティがバトルゾーンに出るまでの時間などを指すのであれば、高速化は環境が進むごとに着実に起こっている。

ゲームの進行速度が増した事と、1ターンで容易に即死打点を形成出来るようになった事から1ショットキルデッキが数多く台頭するようになり、ブロッカータップキル制圧したり、火力付きのS・トリガーを多めに積んで対策する旧来の【速攻】対策は競技レベルにおいてはまるで通用しなくなった。
これに伴いコントロール系統も盤面を制圧してから長期戦を狙うものよりも、隙を見て速やかにエクストラウィンライブラリアウトによる勝利を狙うループ系統など、猛攻をしのいだら相手にターンを渡さず決着を目指すデッキタイプが主流となった。

高速化する背景には、デュエル・マスターズというゲーム自体の競技性の高まりや見栄えの問題も背景にあると考えられる。
大規模の大会でのストリーミングライブ配信においては、プレイ時間そのものが長くなる傾向にあるランデスロックコントロール系統同士の泥仕合はどうしても見栄えが悪い。同じような光景のにらみ合い・読み合いが続く状況も同様。また、長時間に及ぶスローな試合展開は円滑な運営にも支障を来しかねず、早期決着で終わる方が負担は少ない。
総じて、プレイヤー・観客・運営の負担の観点からゲームテンポが良い(速い)方が好まれるようになってくる。

  • これは何もデュエル・マスターズに限った事ではなく、PvP(対人戦)による競技性を志向したゲーム全般に共通して起きている現象である。

高速化の変遷 [編集]

高速化と言う言葉自体は古くから存在していたが、より広く浸透したのは革命編における侵略というギミック、取り分け《轟く侵略 レッドゾーン》、それを軸に構成された【赤単レッドゾーン】の存在が大きい。
パワー12000以上のT・ブレイカーはそれまで8コスト以上か、それに見合うデメリットが伴うものであった。しかし《轟く侵略 レッドゾーン》はこのレベルのスペックを持ちつつ、自身のコスト踏み倒し能力で3、4ターンに登場し攻撃もできる。加えて強力な能力で場を荒らした上でそのままダイレクトアタックまで持ち込めるその性能から、一躍トップメタに躍り出た。
同時期に登場した他の侵略持ちカードもこれに準ずる速度対性能を持ち、多くのプレイヤーは否が応でもこの高速化という現象を意識せざるを得なくなった。

革命ファイナルにおいても、味方クリーチャー手札マナゾーンから展開出来るなどの革命チェンジを持つクリーチャーが高速化に拍車を掛けた。特に、多色クリーチャーのコスト踏み倒しとスピードアタッカーの付与を行う能力を持った《蒼き団長 ドギラゴン剣》の登場で、3、4ターンキルがさらに容易になった。長期戦を得意とするコントロール系のデッキでも、《時の法皇 ミラダンテXII》などで早い段階から強力なロックで相手を一方的に追い詰め、中速並みの速さでダイレクトアタックに持ち込めるようになった。

そのため、革命編以降の環境は「高速環境」と呼ばれるようになった。良くも悪くも、この時期の環境の変化はデュエル・マスターズの歴史を変えた分岐点と言えるだろう。

新章に入ると軽量のコスト踏み倒しメタクリーチャーが増え勢いは落ちる事となった。しかしループデッキに対しても高速化が施された。ループ中にランダム要素が関わる場合、最も望む結果まで省略することが認められた。

双極篇に入ると、パワー9000のW・ブレイカーでありながら、1ターン目からバトルゾーンに出ることができる《“轟轟轟”ブランド》が登場。このカードによって2ターンキルが現実的な確率で実現できるようになり、高速化がさらに激化する事態となった。

しかし、超天篇に入る直前に高速化しすぎた環境に歯止めを利かせるべく、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《時の法皇 ミラダンテXII》殿堂入りに指定され、その4ヶ月後には《“轟轟轟”ブランド》も殿堂入りした。
だが、DMRP-11では重量級マナドライブGRクリーチャー《生命と大地と轟破の決断》等の登場により、4~5ターン目にソリティアからの1ショットキル即死コンボが炸裂する高速環境に戻ってしまった。2020年1月1日には《BAKUOOON・ミッツァイル》等に殿堂入りプレミアム殿堂の措置が取られたが、依然として高速環境は収束の目処がたっていない。

参考 [編集]