捨てる [編集]

カード手札から墓地に置くこと。ディスカードと同義。DM-10 「聖拳編(エターナル・アームズ) 第1弾」からカードテキストに見られるようになった表現。
DM-09までは、手札のカードを「墓地に置く」という明確なテキストだった。

  • DM-09までの「手札カード墓地に置く」能力はすべて「捨てる」に読み換える必要があり、少々ややこしいため注意すること。
  • 以前のS・バックは、シールドから直接カード墓地に置くにもかかわらず、その動作を「捨てる」と表現しており、手札以外から「カードを捨てる」唯一の例外であった。現在のS・バックは、動作としては変わらないが総合ゲームルール509.3bと701.7aの追加・改訂により、手札から捨てものと見なされる。結果として半ば強引に一般的な「捨てる」と同様の扱いを受けることになり、矛盾は消失した。
  • 捨てるという単語が手札を墓地に置くと決まっている為、《絶望の悪魔龍 フューチャレス》のように「手札を」というワードが省かれていることがある。目的語が省略されている場合は「手札を」を補って読み直すこと。

ルール [編集]

  • 複数のカードが手札から捨てられる時、その中にマッドネス能力を持ったカードや《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》などがあれば、まず他の手札が墓地に置かれてから、それらの置換効果が発生する。
    • そのため、手札が5枚あり、そのうち1枚が《フォーエバー・プリンセス》だった時に、相手の《ロスト・ソウル》で手札が全て墓地に置かれる時、4枚の手札が墓地に置かれてから、《フォーエバー・プリンセス》の置換効果が適用される。よって、《フォーエバー・プリンセス》と一緒に捨てられた4枚のカードは墓地には残らない。
  • 複数の手札が同時に捨てられる時の手順は次の通り。
    1. まず、それらの手札が「捨てられることが予約された」状態になる。この時点ではまだこれらは手札にある。
    2. まず、マッドネスによる置換効果から処理。
    3. 「捨てられることが予約された」が同時に墓地に置かれる。また、「捨てられた時」、「どこからでも墓地に置かれた時」能力などのトリガー能力が誘発しても、ハンデスの効果が終わるまで待機状態になる。待機状態の能力を解決する。この時、実際に誘発した順番とは関係なくアクティブ・プレイヤーから解決していく。トリガー能力参照。

参考 [編集]