白赤 [編集]

白赤 [編集]

文明文明の組み合わせ。または、その2色で組まれたデッキのこと。
デュエル・マスターズの文明紹介順に則れば「白赤」がより即した表記だが、世間一般的に赤が主役級、あるいは第一の色と見られることが多いため、「赤白」と言われる事が非常に多い。

赤白で組まれる【速攻】については以下を参照。

基本的にビートダウンに向いたデッキカラー
の優秀なウィニーに加え、タップカードブロッカーを扱うことができる。

特に《凶戦士ブレイズ・クロー》《予言者クルト》《希望の親衛隊ラプソディ》など、1マナウィニーが扱えるのが利点。《黙示賢者ソルハバキ》によって展開力が高く、この色で組まれる【速攻】はマイナーながらもなかなかの実力を誇る。

しかし、マナブーストドローによるリソースの確保が苦手なため、中速コントロールは組みづらい。【速攻】より遅めのビートダウンならばを加えて【ヤヌスビート】にしたり、コントロールならばハンデスを加えられることが多い。

も自力でアドバンテージを稼いでいくのが苦手なため、他の色構成と比べると知名度も低く、上級者向けと言える。

  • 漫画「デュエル・マスターズ」ではNACがこの色の速攻デッキを使用していた。
  • Magic:The Gatheringのラヴニカ次元の2色の組み合わせからなるギルドの一つ、「ボロス軍」を語源とする「ボロス・カラー」という俗称がある。とはいえ、色の組み合わせは俗称よりも色名で言った方が親切だろう。

参考 [編集]